お金を稼ぐようになると人を雇いたくなる~時間を選択する

副業でブログを始めてそろそろ二年
スキルやコツがあるわけでもなくただ継続しているってだけで割と稼げるようになってきました。

初めは稼いだお金を根こそぎ自分のものにして
しこたまへそくり貯めこんでやろう、なんて思っていたのですが、

最近は考え方が180°変わりました。

お金を稼ぐようになると足りなくなるもの

・寝る時間
・休む時間
・考える時間
・高める時間
・学ぶ時間
・修正する時間
・反省する時間
・教える時間
・教えてもらう時間

お金を稼ぐようになると圧倒的に足りなくなるもの。
それは時間です。

育児や家事、日常生活の中に
仕事を含め「お金を稼ぐ」というカテゴリーが追加されるとたちまち人生が窮屈になっていきます。

一方で

マネタイズは楽しい
成果を見るのは楽しい
結果、収益につながるのはうれしい

「お金を稼ぐ」という目的が結果となってついていくと人生謳歌しているような充実しているかのような錯覚にも陥ります。

人生を窮屈に過ごすことなく、お金を稼ぎながら、根本にある幸せを大切にしたい。

やりたいこと
挑戦したいこと

たくさんのアイディアは思い浮かぶのに立ち止まっていました。

休みたい。
もう何もしたくない。

突然気力を失い、自力で立ちあがるのが億劫になるときもあります。

人は時間に殺され、時間に生かされます。

有意義な人生を送るにはどうしたらいいでしょうか?

稼ぐようになると人を雇いたくなる

・記事の誤字修正をしてほしい
・画像を編集してほしい
・引っ越したから登録情報を変更しておいてほしい

本職を持ちながら家でこっそりと副業にいそしむ毎日。
やりたいこと書きたいことはたくさんあるのにどうしても細々とした作業が邪魔をします。

もっと集中したい。
そんなこんなでアシスタント的な役割がほしくなるのです。

・ゴーストライターがほしい
・家政婦を雇いたい
・もうなにもしたない

働きたくない
育児に専念したい
なにもしない自由な時間がほしい

どこかでわたし疲れている、だけどどうしていいか分からない。
稼げるようになると途中でやめるのが怖くなります。

休みたい。子供と遊びたい。旅行に行きたい。

なにもかも放棄したいのに失いたくはない。
保険になる代わりがほしくなります。

諦めるのではなく選択する

代わりが効く仕事ならいくらでも誰かに任せばいい。
やめたいとおもってたことなら潔くやめてしまえばいい。
雇ってすむならそれもあり。

自分にしかできない
そう自分の強みを分かっているのなら、上手に断捨離、選択していけばいい。

育児中母親はわたししかいません。
夫を前に妻は紛れもないわたしです。

この仕事はわたしにしかできないって思っているけど本当にそうだろうか?
会社での在り方を見直して疑問に思ったこともあります。

今まで自分で発信してきた何かをもう誰かに譲るなんてことは考えられない。

何かを捨てなくてはならなくなったとき、「諦める」思考ではなく、あえて「選択しなかった」思考を育てています。

ムリだから
仕方がないから
そうするしかないから
言い訳をして諦めるとなるといずれそれは後悔となって押し寄せます。

こうするのが最善だ
今わたしはこうしたい。
だからこれは要らない

人を雇ってなんとかなるものはたくさんあるでしょう。
あえて選択しない勇気は自分の力を極める第一歩です。

自分にしかできないことを見つけることも、
自分ができなかったことができるようになることも、
すべて自分の選択の中に詰まっています。

稼げるようになると誰かを雇いたくなる

そう思っていたけれど結局誰にも頼らずここまできたことが何よりのわたしの強みです。

仕事をセーブすることも
挑戦を保留にすることも
家事を一日放り出すことももう怖くありません。

その分家族にかける時間がすべての充電になることを知ることができたから。

おわりに

自己流だけどブラインドタッチができるようになった
機械音痴だけど、自力でワードプレスのサイトを立ち上げた。

定時に仕事を上がるための効率化や、育児に専念するために編み出した時短家事術

不便は工夫を身に付けるための発見
知恵をつけ、マネタイズにつなげればお金を稼ぐ仕組みが出来上がります。

拘束されていく時間をどう消費していくかが今後の課題!
諦めるのではなく選択していく時間の使い方を目指しましょう。

あなたの強みはそこにたくさん隠れています。