夫よりも稼ぐ妻がすべき10の事~夫婦円満を継続する方法

わたしの昼間の本業と
こっそりやってる副業をまとめると

毎月わたしは夫よりも稼いでいることになります。

夫よりも妻が稼ぐようになると夫の威厳がそがれたり、妻がいい気になって横柄になってしまいがち。

変わらない愛を誓ったはずなのに、
価値観、性格の不一致で離婚、なんてことにはなりたくない。

そもそもお金は人を変えてしまうからこそ細心の注意が必要なのです。

では改めて妻が夫よりも稼ぐようになったとき
どうふるまうことで家庭円満を続けることができるのでしょうか??

夫よりも稼ぐ妻がすべき10の事~家庭円満を継続する方法/h2>

稼いでることを言わない

なんでも開示するのが夫婦ではありません。
適度な秘密は、相手への思いやりです。

わたしはこんなに頑張った
評価されたい、認めてもらいたい

会社や企業ではいかに自分が能力の高い人間であるかをアピールするかが勝負。

家庭は、家族は、夫婦は
何もなくてもどれだけお互いを認め合えるかが勝負です。

会社のような昇進、昇格、昇給の舞台をわざわざ家で繰り広げる必要はありません。

過剰なお金はへそくりだと思って、夫に秘密
稼ぎをアピールするのはやめましょう。

自分しか知らない口座を持っておく

毎月の給料やその他支払い通帳はひとまとめにしてメイン口座へ

積立金の自動引き落としや副業の振り込み先など
貯めるだけの口座は、別で作って、別の場所に保管しましょう。

秘密は自責の念を含むからこそ相手に優しくなれます。

貯まっていくだけの通帳ににんまり
ここまで貯められた自分に優越感
何があっても大丈夫、不足に備えることができる安心感

自分だけの口座は誰も介入しないが故のメリットでいっぱいです。

自分の保身と相手への自責で、心穏やか優しい心を養いましょう。

相手を小さな功績を褒める

褒めてほしいときこそ相手を褒めよう

今日の髪型決まってるね!
あれ?少し痩せた?

作ってくれたシチューすごく美味しい!

今日の夜、子供たちがパパのはなしで持ち切りだったの。

自分を褒めて欲しいときはまずは相手を褒めてみましょう。

結婚して年をとり
ちょっとおじさんになった夫を

不器用な包丁さばきで作った
にんじんが少し固いシチューを

会社という名の戦場へ
毎朝早く出勤し毎晩遅く帰ってくるパパを

あなたはどれだけ褒めてあげられますか?

それを当たり前と思ってはいけません。

結婚しおしゃれでも綺麗でもなくなったわたしを

時間をかけて仕込んで作ったとっておきのから揚げを

育児に家事に仕事にいっぱいいっぱい
奮闘している今のわたしを

褒めてくれるのは後にも先にも夫だけなのです。

感謝の気持ちは必ず行き交います。
小さなことでも当然なことでも、かならず褒めて称えましょう。

詮索しすぎない

あなた会社でいくらもらってるの?
今日帰り遅いけど何かあったの?
携帯で何見てるの?

副業で得た収入を内緒にしてるわたしはどういうわけか疑い深い

浮気してる人がパートナーの浮気を疑うのと同じ感覚なのでしょうか?

やましいことがあってもなくても
たとえ秘密何一つなく包み隠さず共有しあえる仲でも

ほおっておいてほしいこともある
それが夫婦であり一個人としての人間です。

夫にこのブログの存在を言える?
いや無理

夫にいくら稼いでるって言える?
いやいや無理無理

毎日夜遅くまでPCで何してるのって聞かれたら素直に答えられる?
・・・・。(腹黒ブログにアフィリに株、仮想通貨にetc)

相手を詮索するのは簡単だけど、相手に詮索されてもクリーンな自分はちゃんといますか?

夫は会社員、わたしも会社員
夫はパパで、わたしはママ
夫はインドア、わたしもインドア
夫はドラクエ、わたしはブログ

通い合える部分は一緒に共有して
興味がない分野を同時にせーの!でそれぞれ楽しんでしまえばいい。
触れてほしくない部分はあえて触れてあげる必要もありません。

パパが子どもたちを叱った後はママが後で優しくフォローする

夫がドラクエを始めたら、わたしもブログに一点集中

決して出しゃばらず
議論せず詮索せず

同じ空間で別々のことをする時間こそが夫婦にとって心地良いのです。

1日10分、半径1メートルの位置に近づこう

自分のことにいっぱいいっぱい
子供のことに手いっぱい

会社でも副業でもバリバリビンビンにアンテナ張り巡らせてて今、すごく疲れてるのよ。

正直夫のことなんてどうでもいい。
わたしはわたしだけで精一杯なの。

長年連れ添ったからこそ、
相手への根拠のない嫌悪感だって湧いてきます。

ずっとじゃなくていい
なんならチューもぎゅーもしなくていい

半径一メール以内、横に並んで座ってみましょう。
向き合って顔や目や鼻を見つめてみましょう。
くだらないおしゃべりを取り留めなくしてみましょう。

わたし「土日手前の金曜日が大好きなんだけど、金曜日が大好きになりすぎて、金曜日を控える木曜日まで大好きになっちゃた。」

夫「お前昔からそういうとこあるよな。お前みたいなお気楽幸せな人間が側にいて俺も良かったよ」

バカな会話のはざまにきゅんとして
昔話に花が咲く

半径1メールの距離を1日10分設けてみましょう。

日々疲れた身体を癒すのは、なんでもない思い出話や変わり映えのないパートナーの安定感です。

冒険しすぎない

ある一般的な主婦が
節約の知恵や子育ての工夫、お料理のハウツーをブログに紹介して一躍有名になったことがありました。

あまりにも有名になりすぎて、
お金もガンガン入ってきて、セミナーやSNSで広がるコミュニティの中でどんどん人脈を増やしていきました。

自分を高めるため、好きなことをして生きていくため

彼女は離婚し、親権を手放し、一人で家を飛び出しました。

実際にあった本当の話。

きっと彼女はこれからも自分を高めて飛躍していくことでしょう。
ただ、離婚を同意した夫や、取り残された子供たちは今どう思うのでしょうか。

幸せってなんだろう。

自分の人生を変えてでも守りたいと思った子供の存在や夫の有難さ。
普遍的でいて、スタートもゴールもイコールだと思える家族関係を築いていきたい。

実はもう手に入っているのに欲張ってしまうのが人間です。
もっともっとと自分の可能性を信じるのが自尊心です。
後悔は今の幸せに気づけば絶対に起こりえないことなのに。

いつまでも挑戦する気持ちは大切だけど
冒険してケガしたときの耐久性は年を重ねるごとに衰えていきます。

大人になったからこそ
守るべき家族ができたからこそ
失いたくないものの価値を知ってこそ

人生にはゴールがあります。

よくあるRPGゲームそれぞれに

冒険は目的に向かって進むだけでなく、
無事同じ場所に帰ってくることで完結します。

あなたのゴールは実はもう手の中にあるのかもしれません。

今の夫を愛する

時々歯を磨くのを忘れて寝る
歩きざまにプープーおならをする
得意料理であるはずのシチューはいつもニンジンがゴリゴリ固い

ちょっとガサツで結婚当初よりはちょっぴり太ったわたしの夫

誰よりも子どもに甘くて
誰よりわたしを思ってくれて

何より心は今も昔も変わっていない。

どんなに年を重ねても、今の夫を愛しましょう。

今の我が子を愛する

幸せと絶望が交差した新生児の育児
常識が邪魔して苦悩した幼児の育児
優秀と劣性が切り替わる青年児童の育児

育児本や近所のおばさんや、なんとかかんとか

たくさんの解決方法はあるけれど、実践を前には何も敵わない

どんな時期をむかえても、今の我が子を愛しましょう。

今の自分を愛する

会社で揉まれる
育児に奮闘する
夫との関係に葛藤する

これでいいのだろうか
出来損ないのままなんだけど
解決方法もわかんないや

目途が立ってない今の時間も
右往左往してる自分も

進展のないと感じる時間にこそ発見があります。

等身大の自分の魅力に気づきましょう。

夢を語ろう

・宝くじで当たったらどうする?
・老後は沖縄でのんびりゆっくり過ごそうね
・あなたが先に死んだら悲しいから、絶対に長生きしてよね

どんなに馬鹿らしい妄想でも
描く将来の夢にお互いが存在していればそれがいい。

なにがしたい?
なにがすき?
おじいちゃんおばあちゃんになっても一緒に居てよね

夢は心に願うたびに行動に繋がり
行動に移せば便乗する仲間に出会えます。
仲間と共有すれば、あっという間にあなたの夢は叶います。

最初も最後も
わたしはあなたが居ればそれでいい。

夫婦間、夢は大いに語りましょう。

おわりに

仕事がツライ
育児がツライ
夫と過ごす時間がツライ

わたしは別の何かに打ち込むようになった結果、思わぬ副収入を得るようになりました、

お金目的で始めたワークが身となり金に変わった今、
なぜか高飛車な態度をとって家族を悪循環にさせる自分の姿。

夫より妻が稼ぐのは悪いことなの?

悪くはない。
ただそこに問題があると思うのが大間違い。

夫婦円満の最大の秘訣。それは、
互いに今を愛することにあります。