無料でブログアドバイスサービスを提供したらとんでもないことが起こった

はてなブログでブログ運営して今年で3年目
サブブログのこのセコ貯金ははてなブログから独自ドメインを取得して、ワードプレスに移行しています。

そう、わたしは一通りブログのノウハウを身をもって経験したセミブロガー
今では本職の百貨店勤務よりも高いブログ収益を得ています。

ブログ知識、html知識、はてなブログのカスタマイズ知識をそれなりに習得したわたしはひょんな思い付きからこの知識を無料で提供するサービスを始めました。

無料でブログアドバイスをする代わりにわたしが求めた条件

わたしが無料で提供したサービス

・ブログカスタマイズ
・ブログ集客ポイント(2000文字前後)

〇ブログの主なメインテーマの作成、見出しデザイン、
要望によっては、オリジナルバナーの設置とシェアボタン・テキストリンクの固定
などなど、ブログ初心者では行き届かないデザインやコード設定などのカスタマイズを提供しました。

〇読まれるブログの作り方
記事を徘徊したのちに改善すべきポイントと、今後も突き進むべきブログの強みを読者目線でズバッと指摘するアドバイスサービスを提供しました。

キーワード修正や、メインとなりうるカテゴリーの内訳も提案します。

ぶっちゃけ手間も時間もかかります。
それを無料で行う報酬としてわたしが求めた報酬はただひとつ

無料ブログアドバイスの報酬はわたしのブログを紹介すること

わたしが無料でブログカスタマイズ・アドバイスサービスをする代わりに、わたしが相手に求める報酬ははこのブログ『セコ貯金』を自身のブログで紹介することでした。

別に1行でもいい、
わたしのURLリンクを貼って「お世話になりました」程度の紹介だけでもかまわないのです。

被リンクを増やしたい!

サイト運営に行き詰まった人は方向性、デザインを一掃し明確にしたい
わたしはドメインパワー・サイトパワーを強くしたい

お互い自身のブログを強化するのが目的
わたしが提供したブログアドバイスサービスは
互いに最善で最良な交換条件だと思っていました。

サービスの受け逃げが相次いだ

「感動しました!ありがとうございます。」
「ブログデザインがすごく綺麗になりました」
「あと〇〇と〇〇もお願いできますか?」

厚かましい追加要請は留まることなく、お礼のメールを最後に、わたしのサービスは終了しました。
こちらから何も言わずにいたら結局、サービスを受けた顧客らは条件にしていたわたしのブログ紹介をせずに、どんどん自分の思行くままの記事を更新し続けています。

人は無料を軽んじる

もし、わたしがこのサービスを有料で行っていたら

もっと熱意をもって応募したかもしれない
もっと誠意をもってわたしに接してくれたかもしれない

そもそもその対価を支払ってもらってから、わたしはサービスを提供することだってできたはず

無料でサービスを提供したがために、得る予定だった報酬をも貰いっぱぐれたわたしは一気に人間不信に陥りました。

わたしのカスタマイズやアドバイスにかけた時間に比べたら、
わたしのブログ被リンクを貼るくらい鼻くそレベルで簡単なのに。

結局ネットで知り合う人間なんてそもそも論で赤の他人。
本音も素性も分からないまま人間性やモラル、良心を信じるのがバカバカしいのかもしれません。

金払えクソ野郎

無料というのは聞こえはいいですが、
それには多大なリスクを背負います。

成果を期待してはいけない
見返りを期待してはいけない
需要と供給のマッチングは決して平等では収まらない

無料だからこその落とし穴はいっぱいです。

(金払えクソ野郎)

硬貨や紙幣を発明した人は、天才
だってその対価を平等に扱える指標を作り上げたパイオニアなんだから。

(金払えクソ野郎)

争い合わない社会を作るにはやはり金が必要なのか?

(金払えクソ野郎)

本当の人間の価値って一体なんなんだい?

(金払えクソ野郎)

おわりに

取り乱してごめんなさい。
でも一つ分かったことがあります。

タダより怖いものはない。

自分の心を穏やかに優しく豊かにするためには
何もかもただ与えるだけでは満たされません。

受け取って与えよう

言葉の行き交い
感謝の行き交い
サービス、奉仕の行き交い

送って受け取るのサイクルが、人と人を強くつなげます。

温情深い人間でいよう。
わたしは改めて感謝と貢献を忘れない人間になると誓いました。