財布を持たない暮らし~究極のミニマリスト始めました

車通勤
お弁当持参
水筒持参

家に帰れば週末に買い込んだ食材が山ほど冷蔵庫に入っているし、
特段欲しいものも必要なものも何もない。

会社にいって、保育園と学童に子ども達をお迎えに行って家に帰るだけの繰り返し。

別にお金を使わないんだから、もう財布も持たなくて良くない?

わたしはお財布を持たない暮らしを始めました

〇〇を持たない暮らしに憧れる

今流行ってるよね
ミニマリストってやつ

〇〇を持たない暮らしをするだけで、
掃除が楽になったり、部屋や頭の中がスッキリして生きやすくなって、持たないことで生活がかえって豊かになったりするみたい!

〇〇を持たない暮らしは
堅実で、賢く、自分自身に必要なものとそうでないものの断捨離がとても上手い!

そんなイメージが強くありました。

お財布を持たない暮らし~究極のミニマリスト始めました

といってもプレ状態
ガソリン代は必要だし、家庭菜園をしてるわけでも牛や鶏を飼ってるわけでもないので食材はスーパーで調達します。

まずは平日、お金を使わない仕組みを作ってみよう!
わたしのお財布を持たない暮らしは月~金を中心に開始しました。

月曜日~水曜日は順調でした。

・ガソリンはちゃんと満タンにしておく
・いつもなら財布に常備の免許証は車のダッシュボードへ
・お弁当、水筒、おやつは持参
・人に奢られない、お金を借りない

条件に、財布を持っていなくても困らない状況を用意します。

これが案外順調な滑り出し!

社員喫茶で何の気なしに買ってた珈琲やお菓子の無駄遣いがなくなりました。

財布を持っていないから帰り道移動式パン屋さんの前で子どもたちがダダをこねようと、まっすぐに家に帰るしかありません。

無駄にあれこれ買って食わない環境はわたしのダイエットにも役立つし、腹ごしらえ無しでペコペコにお腹をすかせて食べる夕飯は、子供が好き嫌いせずにおかわりの声を飛び交わせます。

木曜日にミニマリスト崩壊

・子どもの急な発熱で保育園からお呼び出し
・同僚の急な不幸

子どもを迎えてすぐに病院に行きたいけど財布がないから一度帰宅し再出発
同僚の家族に急な不幸があり告別式用のお金の回収がかかるもわたし自身は手持ち金ゼロ

急な出費に全然対応できない!

お財布を持たない暮らしは、節約にもなるし無駄をなくすいい機会だと思っていましたが、
兼業主婦のわたしには、不足に備えることができず返って時間と労力をかけてしまうものでした。

使う予定がなくても財布は必須
社会人なら、緊急時に備えてスマートに対応できる余剰金を確保しておくべきだと痛感したのです。

おわりに

ミニマリストって難しい

部屋は汚いまんまだし、お金はやっぱりいっぱい欲しい

これで満足っていう境界線は自分でもまだよくわかりません。

でもいつかはなりたい、賢くお金に愛されるミニマリスト

子育て中、共働き、日常生活は今もドタバタですがいつかのシンプルライフを夢見てわたしのセコ貯金は続きます。