SNSフォローボタン

フォローする

楽してお金が貯まる!財形貯蓄とは?メリット・デメリット

先月から財形貯蓄を始めました。

〇財形ってなに??

「財形」とは勤労者財産形成貯蓄制度のこと。働く人のお勤め先が、金融機関と提携して、給料やボーナスから天引きでお金を貯める制度です。

契約社員やパートでも入ることはできるけど、ニート・会社役員・自営業者は入ることができません。

毎月入ってくるお給料から自分が設定した金額を引いて、それを積み立て貯蓄していく方法=財形貯蓄

確実にお金が貯まる方法としてメジャーな貯金方法です。

財形貯蓄のメリット・デメリット

財形メリット

・550万円まで非課税(住宅財形・年金財形)
・引き落とし日=給料日だから金欠感がない
・確実にお金が貯まる

財形には三種類あって、
・住宅財形(マイホーム用)
・年金財形(老後資金用)
・一般財形(制限なし)

があります。一般的に普通預金や定期預金は利息から課税分が引かれ付与されますが、使用用途の明確な住宅・年金は元利合計が550万円以下なら非課税になります。
利息がまるまる入ってくる!

ただの積立より実質利回りが良いのがポイント。

すでに天引きされた形で給料をもらうから、金欠感なし!
自分の生活に合った額を財形設定しておけば無理なく確実にお金が貯まるのが最大のメリットです。

デメリット

・一般財形は課税対象
・下ろしにくい(解約しにくい)
・強気に組むと生活が苦しくなる

非課税となる住宅・年金財形とは違い、使用用途に制限のない一般財形は課税対象に。

会社に勤める限り、なかなか解約を申し出にくいのがデメリット
急にお金が必要になったり新たな貯蓄法に移行したい場合に、お金を動かしにくい側面があります。

強制的に貯まるからといって月〇万設定で財形を組むと、後々苦しくなったりすることも。
子どもが大きくなるにつれてかかる教育費や食費等で収支バランスが大きく変動することだってあります。

長く積み立てるための貯蓄法として、財形貯蓄は計画的に、無理のない金額を設定するのがポイントです。

わたしは一般財形で月1,000円ボーナス無しを組みました

・小さく積み立て
・小遣い程度
・これでも立派な社会人

一般的なサラリーマンの財形金額は
月5,000円~20,000円が平均です。

周りの多くが月10,000円で財形を組む中、わたしは月1,000円の財形を組みました。

ますは小手調べな気持ちが大きいし、資産運用の幅はこれからも広げていきたい。
だからまずは1,000円から!

でも財形を組んだおかげで銀行のポイントサービスには点数が20点ほど加算されました。
これで普通預金の金利もいくらかアップします。

銀行のポイントサービスにはお得な貯金術がいっぱい!
・預金が一定金額以上
・給料引き落とし口座
・財形や年金口座に設定

いくつかの条件を満たすだけで金利が上がったり、各種手数料が無料になったりする特典があります。

おわりに

財形で貯金するのが目的ではない!

財形貯蓄を始めることで自分の中の金銭力を上げることが目的です。

資金分散しよう
資金運用しよう
貯蓄計画を練ろう!

たとえ少額スタートでも財形貯蓄にはメリットがいっぱい!
小さく始めて得をする!わたしのセコ貯金術です。

スポンサーリンク

フォローする