SNSフォローボタン

フォローする

友だちの手取り金額やボーナス金額が気になる理由

大学を卒業し、
社会人になって1、2年目

それこそ独身フィーバーなわたしは、周りや友だちの手取りやボーナス金額が気になって仕方ありませんでした。

結婚し、子どもを産み
今も社会にしがみつくサラリーマン歴10年目

相変わらずの賃貸住宅、昇進・昇格も望み薄な零細企業で働く今、周りのことが全く気になりません。

周りや友だちの手取りやボーナス金額が気になる理由

自分の能力よりも企業の能力指数を図っている

・入社して浅い
・就職活動のその後の成果回収
・福利厚生が判断基準

入社してすぐ、友達や周りの新社会生活が気になるのはよくあること。
厳しい就職氷河期の中、とりあえず職につけた自分は万々歳!

そう思っていたけど、いざ4月を迎え新生活を始めたときにふとした疑問が沸き上がってきます。

「果たして今の自分はここ(企業)で正解なのだろうか?」

社会人駆け出しのときに限って判断基準は自分の能力ではなく企業能力です。

福利厚生や、初任給の額、初めてのボーナス
いろんな意味で他者と自分のすり合わせがしたくなる時期なのかもしれません。

ステイタスで優位に勝ちたいという虚栄心が立っている

・会社ではまだぺーぺー
・同期ともまだ格差なし

でも切磋琢磨してる自分を何か知らの形で評価したい!

何かにつけて周りより自分が優位な部分を見つけたい!

誰も評価してくれないこの時期だからこそ、
周りと比較し、優位に立ちたいとする気持ちが大きくなるのかもしれません。

今の現状に満足していない

・これ普通じゃないよな
・今、自分はこれだけ頑張っている
・今の自分の能力に対する市場価値/ニーズはこれだけあるはずだ

中堅社員になって周りが気になるようになったらそれは、
いろんな意味で自分の能力バロメーターを企業バロメーターの格差異変に気が付いた証拠です。

・自分の得意分野/強味を知っている
・自分の能力の需要を把握している
・それをもっと活かせる場所を模索している

次なる発展を目指して、周りの環境を把握しようとすることは決して悪いことではありません。
自分の成長のためとなるならば、どんどん市場調査を知るべきです。

友人の手取り金額やボーナス金額が気にならなくなりました

・転職経歴なし
・手取りは低い
・ボーナスも糞

わたしは大学卒業していから今まで転職経験がありません。
もちろん入社当時は、これで良かったのかと迷走した時期もありました。

手取りは低いままだし、ボーナスだけで見ると周りもびっくりの超ブラック糞糞糞企業です。

でもわたしは今の状況を周りと比較したり、自分に落胆したりすることはありません。

現状に満足している

・定時に帰れる
・職種/業務内容が好き
・人間関係が良好
・子どもを愛せる
・夫を愛せる

普通の生活を普通に過ごせる自分に満足しています。

もらえる金額よりも活かせる金額

自分のことだけにスポットを当てることができるようになった今、
手取りやボーナスよりも「楽しい」と思える選択を重視するようになりました。

その選択肢の中でベースとなりうる「職」がいつまでも変わらないのが唯一のわたしの強味です。

おわりに

みんな毎月いくらもらってるの?
ボーナスって何か月分?

ぶっちゃけ気になるみんなのあれこれ

その理由・知りたい理由も人それぞれ。

でも気にならなくなったあなたは最強です。

・自分を知ろう
・強みを知ろう
・「楽しい」を追求しよう。

人のお金を気にしなくなったその時こそがあなたの人生がリッチになる瞬間です。

スポンサーリンク

フォローする