SNSフォローボタン

フォローする

会社に副業がばれたくないブロガー主婦が開業届と青色申告を提出しました。

そもそも自分で稼いだお金に税金が取られるってやっていけないです。

家は賃貸
子どもは3人
数年続く待機児童問題に直面してからは

フルタイムで働き、いつも時間がない
無認可園の保育料を払えば収支がトントン
新車、マイホーム、子どもの習い事なんて夢のまた夢

納税の恩恵を全く受けていない気がして、まっとうに働いていることでさえ馬鹿バカしくなっていました。

副業ブログをはじめて一年。
小遣い稼ぎのつもりが、ここ最近はシャレにならないくらい稼げるようになってきたので、ついに青色申告と開業届を出すことにしました。

いろいろ節税対策を行ってきたわたしですが、そろそろ年貢の収めどきです。

白色申告と青色申告の違い

一般的に年間20万以上の収入を得ている場合には確定申告が必要です。

副業サラリーマンの場合だと、本業でもらえる給料には所得税、住民税、などすでに税金をとられたカタチで手取り収入を得ているはずです。
つまり純粋に副業で稼いだ分が年間20万を超えた場合は確定申告をする必要があるということになります。

白色申告

○メリット
・事前申告不要
・家計簿をつける程度の手間

○デメリット
・節税効果は薄い(特別控除なし)

純粋に収支を足して+20万以上の利益があれば納税するのみ。
事前申請や手間もそこまでかからない代わり特別控除がありません。

白色申告は
脱税して捕まったりしないための必要最低限、副業収入のマナーです。

青色申告

○メリット
・控除額が10万OR65万円
・家賃や光熱費の一部を経費として計上できる

◯デメリット
・事前申請が必要
・帳簿記入および決算書の作成が必要

青色申告特別控除額に、10万円と65万円の2種類がありますが、これは収入があったことを証明する書類の記述法で決まります。

白色申告と同じ家計簿みたいな単純構造のものを「単式簿記」といいます。
これで申請した場合の青色申告特別控除額は、10万円となります。

一方で、収支の細やかな流れを仕訳帳と総勘定元帳に記すのが「複式簿記」です。
内訳記帳・申告すると、青色申告特別控除額は、65万円となります。

しかも複式簿記で収支をつけてたとしても確定申告で提出する書類はその仕訳帳と総勘定元帳に基づいてできた
「損益計算書」と「貸借対照表」です。

ね?チョーめんどくさそうでしょ??

でもその分ちゃんとやれば、65万円分の控除が適用され副業の収入も家賃や光熱費、その他の必要物資がちゃんと経費として控除されるのです。

会社に副業がばれたくない主婦が青色申告をするためにやること

・開業届の提出
・領収証、請求書等の保管
・会計ソフトの購入

青色申告は事業主でない限りできません。
本職の企業で申請を出すわけではないので、副業用の個人事業主として開業します。

どれがどの経費にあたるのか分からないからこそ、領収書、請求書は必ず大切に保管しましょう。

必要なこと、よくわからないことは
・税務署で確認しましょう
・自力でやるのではなく会計ソフトに委ねましょう

会社に副業がバレないようにする注意点はひとつ!!!

確定申告時に提出する項目
⚪︎住民税の納付方法に、
住民税を自分で払うに〇をつける

確定申告時、必要な書類を提出したあとはそれにかかる住民税は自分で払う、という項目にチェックをすること

これは、本業がある場合、会社の人もあなたの給与額と住民税の額を把握しています。
年間所得によって毎年住民税の額が変わります。

「あれ?給料はこれくらいなのに、市から請求される住民税の額多くない?」
「この人他にも収入得てるはず!」

あなたが自分から口外していないのに、副業が会社にばれてしまう理由は

あなたのブログが全国的に有名になっているか
もしくは住民税の額が増えたと会社に気付かれてしまうことが原因です。

おわりに

白色申告と青色申告ってどう違うの?
てか副業会社にばれたくないんですけどどうしたらいい??

副業ブロガー主婦のわたしがやったこと
・開業届、青色申告の提出
・領収書の保管
・会計ソフトの購入

開業から1カ月たった今、
ぶっちゃけまだちんぷんかんぷんです。

大丈夫かわたし、今後の身バレに怯える副業主婦の奮闘記は続きます。

スポンサーリンク

フォローする