SNSフォローボタン

フォローする

職場いじめに打ち勝つ方法~批判、嫌味、嫌がらせからの脱出術

さっき、わたしのブログの問い合わせフォームからこんなメッセージが送られてきました。

自己中なブログですね。
同じ職場にあなたみたいな方がいなくて良かった。

計画性のない恥ずかしい人。

名前も書かれていない上、返信用メールアドレスがついてるわけでもない
具体的な理由もなければ、間違いを指摘するわけでもありません。

昨日わたしがこんな記事を上げたことがきっかけかと思います。

わたしは自分中心に仕事をこなしているし、
仕事に心を込めていません。

しかし、それが悪いことだと微塵も思っていないのです。

メッセージをくれた方には大変申し訳ないのですが
「わたしこそ、あなたと同じ職場じゃなくて良かった!おならぷっぷーっ」

て感じです。
自分の名すら名乗らず、根拠も理由もない悪意ある言葉やメッセージは最低卑怯な人間がする行為だと思います。

職場でいじめや批判、嫌がらせを受けたわたしの過去

仕事を教えてもらえず、ミスを笑われる

わたしは、社会人当初まだ学生気分が抜けてないため少々生意気なところがありました。

「あの人にだけは注意してね」
みんながそういうリーダー格にも服従する姿勢を見せませんでした。

・仕事を教えてもらえない
・間違った方法を指示される
・案の定ミスして上司に注意されているのを遠くでみて笑っている

世の中にはこんなにあからさまな嫌われ方があるのか

社会人一発目で学んだことは、
会社には社長、課長、係長という役職者よりも先に、現場に君臨する役職者でもなんでもないリーダー格が絶対であるということでした。

「絶対結婚とかするなよ」と平気でライフスタイルに突っ込んでくるパワハラ上司

「絶対結婚するなよ」
「彼氏とは毎週何回会ってるんだ」
「お前は今、結婚なんかしないで仕事に貢献する時期なんだよ」

わたし自身だけでなく、わたしの教育係にも平気で突っ込んでくる始末。

ストレートなこの物言い(パワハラ)は、わたしの胸に深く突き刺さるどころか
自分のプライベートな部分がどんどん会社に浸食されていくような気分になりました。

結局わたしは上司の教えもむなしく入社一年目でデキ婚します。
そして約10年今もこの会社に勤めています。

肝心のその上司は数年前、職場不倫がばれて子会社へ出向となりました。

大人になった今思うことは
上司のいう教えや注意に信ぴょう性なんかない。あくまで上司の独り言として割り切る。

そもそも合理的でないことがほとんどだから、自分の中で上手く断捨離して必要なとこを抜粋、自力で学びに変えないといけないのです。

ありもしない噂が広まる

〇敬語も挨拶もできない超やばい人らしい
〇清純ぶってるけど元ヤンキーらしい
〇男性社員にはこびりまくりらしい

育休から職場復帰したわたしに待ち受けていたものは、すでに完成されたわたしのイメージ像との戦いでした。

新しい部署の人には最初から嫌われている
どこかで距離を置かれてる感じがする
ちょっとしたことでもこれだから○○は~と動機づけされる

なんかやりにくいなこの部署

後に誤解が解け、上記噂の内容を知ることになります。

わたしは学生時代わけあってバイトを何個も掛け持ちしてたこともあり敬語と挨拶だけは得意でした。
清純でも元ヤンキーでもない、ただの能天気女です。
男性社員にこびりまくりというより、むしろ全従業員にこびりまくりです。

社会に数年勤めてわたしが学んだことは

噂は真実よりも早いスピードで回るのに対し、
周りがそれを誤解だと認知するには年月がかかる

「あの時のあなたの噂ほんとに笑えるくらい嘘ばっかりよね」

みんなはそういって笑ってくれますが、
わたしは、噂の中に1人取り残されてた当時の自分を思い出してこっそり苦笑いしています。

職場いじめに打ち勝つ方法

わたしは、会社に入った当初からこの地位を築くまで様々な批判、嫌がらせを受けてきました。

職場いじめ

辞めてやる
呪ってやる
燃やしてやる

って何度も思いました。

煮えたぎる憎悪と、復讐心と、家庭事情もあって簡単に辞められないジレンマの中

ある日、吹っ切れて実行したことがあるのです。

自己中に生きる

・別に嫌われてもいいや
・給料をもらえたらそれでいい
・だからそのために、自分のやりやすい環境だけを意識しよう

嫌われてもいいと思うことで、いちいち噂や嫌がらせ自体にうじうじ落ち込まなくなりました。

〇そもそも好かれようと努力したとこで標的が次に回るだけだし、また自分に的が当たらないという保証もありません。
もはや万人受けを狙うことの方が遥かに過酷です。

給料と有休、福利厚生を生きがいに仕事をしています。

〇給料は家族の生活費、旅行費、将来の貯金用に蓄えています。働く目的が働く場所以外にあってもそれは立派なモチベーションです。

お局となった今も、職場の慣れ合いよりも自分が仕事しやすい状況、環境づくりが最優先です。


〇定時に帰るために誰よりも仕事のスケジューリングがうまい自信があるし、しっかり休むことで気持ちを定期的にリフレッシュさせることができます。

自己中心にまずは物事を考えてみましょう。
自分にとってのメリットだけを考え、損得勘定してみましょう。

自己中心的に生きることで職場環境が改善した事例

自分だけのために生きてるとイイ事ばかり、なおかつ環境は好転していきます。

・嫌味や嫌がらせが気にならない
・むしろ嫌がらせに貴重な時間をあてがってる相手が哀れ
・申し訳残業、慣れ合い仕事の安請け合いがなくなる
・定時に仕事が切りあがったらすごく嬉しい
・定時よりもさきに仕事が切りあがったらもっと嬉しい
・定時までの間に周りの人のサポートにも回れて優越感
・周りの人に感謝されて、仕事にも職場にも満足感

自分が満たされていると、相手を受け入れる余白が生まれてきます。
空気をあえて読まないことで、自分の心の風通しだけはいつも爽やかです。
自分にゆとりがあると、人を助ける余裕や時間に恵まれます。

自分の財布に千円しかないときに人に金貸すの嫌でしょ?
遅刻しそうなときに、目の前に困った人がいたら助けるかどうか一瞬でも躊躇うでしょ?

まずは自分を満たすことが最優先。

自己中心であることが、人を幸せにし職場環境を好転させる最大の近道であり方法なのです。

おわりに

世の中にはいろんな人間がいます。

人脈あって人を寄せ付ける魅力のある人間
厳しい言葉と的確なタイミングで助言をだし人を引っ張っていく人間
相手をけなすことで優位に立とうとする人間
その場の空気を面白くするためだけに噂を広める人間
周りに合わせることで自分の身を守ろうとする人間

社会を生き抜くには必要な技と知恵ですが、ぶっちゃけ
どの人間になるにも大変そう、めんどくさい、
そう思ってしまいます。

まずは自己中心的でもいいじゃん!

大切なのは、職場ではなくあなた自身。
あなたの幸せを最優先にするだけできっと明日は変わります。

職場いじめ、批判、嫌味、嫌がらせなんかに負けないで!

不必要なことに心と身体を消費する必要なんてありません。
人生の根本にある種を植え直し無駄に消耗しないための大切なセコ貯金です。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. giovannna より:

    こんにちは。
    尖ったことを書くと、どうしても変な人は寄って来るみたいですね。実生活で誰からも意見を聞いてもらえない可哀想な人なのかなーと思います。
    匿名でワケのわからんイチャモンつけるぐらいなら、自分のブログで好きなだけ自説を展開すればいいのにね。(誰からも見てもらえない可哀想な人なのかも…)
    わたしは、2つのエントリーをおもしろく拝見しましたよ。これからも尖った記事、楽しみにしてます。

  2. mikumama より:

    ジョヴァンナ様
    コメントありがとうございます。
    こんなブログを読んでくれてかつ励ましてくれて本当にうれしいです。
    やさぐていた気持ちがほんわか温かくなりました。
    わたし自身も書き始めたら極端に突っ走ってしまうのでいろんな人の意見を受け入れることも必要かもしれません。
    今回の件で学ぶことができてむしろラッキーです。ジョヴァンナさんのコメントがまたわたしの原動力になります。
    ありがとうございます。