SNSフォローボタン

フォローする

お金の奴隷解放宣言の意味~メリットデメリット

お笑い芸人+絵本作家の西野亮廣(にしのあきひろ)が、
自身の手がけた絵本「えんとつ町のプペル」を販売からわずか3か月後、ネットで無料公開しました。

「お金がなくて本を買えません」

おこずかいを貯めても2000円は高額
そんな小学生からの一言がきっかけだったそうです。

お金の奴隷解放宣言とは??

お金を持ってる人だけが家を持つことができ
お金を持ってる人だけが美味しいごはんを食べ快適な生活を送ることができる
お金を持ってる人だけが芸術に触れ、感性を豊かにすることができる

わたしたちが生み出した「お金」は、何かを得るための手段にしかありません。

では、もっとダイレクトに、より公平に、平等にいきわたる方法はないのでしょうか??

お金というツールに支配され、身動きのとれない奴隷になるくらいならいっそ
お金に頼らない方法を見つけ出せばいいじゃないか!

お金の奴隷解放宣言

何かを得るための手段がお金であるはずなのに
いつのまにかお金に縛られ支配されている自分から抜け出そう!

とても単純明快なアイディアだと思いました。

お金の奴隷解放宣言をするデメリット

ギブ&ギブの危険性

今、わたしたちはお金というツールがあるから、綺麗なギブ&テイクができています。

スーパーで食材を買うにしても、お金を渡して物を得ます。
レストランで食事をするにしても、その代金がコックさんに賃金となります。
TVやパソコンを作る技術を持つ人に商品代を渡すことで自分の生活圏を便利にすることができます。

キングコングの西野さんはいいました

「ギブ&ギブでいい。
巡り巡ってそのほうが周りも自分も豊かになる」

もし、自分の畑が枯れ尽きるまで野菜を配って誰も何もくれなかったとしたら
食事をふるまっても、誰もおいしいって言ってくれなかったら
技術や能力を借りるだけ借りたのに、お礼も何もなかったとしたら

実は提供する側にしてみればギブ&ギブは一種の賭けです。
万が一にもそこで得られるテイクがなければ、お金以上に大切な何かを失うことになるでしょう。

ギブ&ギブは
それは自分個人だけでなく周りが同時に共鳴しないと続かないのです。

信用と恩は目に見えない

お金を使わない代わりに、信用、恩を巡り巡らせる

これは視認性がないだけに自分の心と相手の心の均衡を図るのがとても難しいのです。

物の価値を決めるとき
人はそれに費やした時間、労力、愛情を金額に例えます。

そしてその対価を払うことで相手はそれを受け取ることができ、供給者は満足のいく報酬を得ることができます。

信用と恩は目に見えない上、
その対価を自分で設定することができません。

需要と供給のバランスが崩壊する

人によって、感じる信用と恩の厚さはバラバラです。

りんご1個200円を買うか買わないかわたしたちは選択できますが、
信用と恩は売り方、買い方がありません。
いずれの立場でも押しつけがましかったり、物足りなかったり、お金以上に不平等を生みます。

お笑い芸人のさんまさんが以前、
「番組の制作コストの削減に自分のギャラを下げることは手っ取りはやいけど、
そうするとほかの芸人もギャラを落とさなくてはいけなくなる。」

といって番組の打ち切りを発表したことがありました。

たった一人の例外から、その他大勢の人を巻き起こす世論が起きます。

安易にお金に頼らない、信用と恩だけの行き交いは需要と供給のマッチングが厳しく、お金以上にバランスを保つことが難しいのです。

お金の奴隷解放宣言のメリット。わたしたちの未来

そんな危険性を含むお金の奴隷解放宣言ですが、いずれわたしたちが必ずしなければいけない事項でもあるのです。

少子化の今、人口は少しずつ減っていきます。
医学の進歩により、高齢化は進みます。
機械ロボットの進出により、わたしたちの職はなくなっていくでしょう。

収入を得る手段がなくなり、自分で野菜を育てて食べる自給自足の生活が始まるかもしれません。

野菜ばかりたべるのはつまらないのでお隣で牛を飼ってる人と物々交換をすることで、人とのつながりの深さを知り生活を豊かにしていくことでしょう。

進歩の果てにはゼロに戻る

昔おじいちゃん、おばあちゃんがそうであったように
もっと近所にもっと隣にもっと自分に関心を持たないといけない時代はやってきます。

自給自足とまではいかなくても
わたしたちは自分で生きていくだけの力と、助け合うだけの信頼をもっと周りと築いていかなくてはいけないのです。

おわりに

お金の奴隷にはなりたくない!
もっと、互いに助け合い巡り巡るつながりを大切にしたい

実はよーいどんと同時に、多くの人が共感することでそれはすぐにでも可能です。

先ほど前出した西野さんの「えんとつ町のプペル」
ネットで無料開放した次の日から、アマゾンの売り上げランキング1位
そして書店では売り切れが続出しているそうですよ。

人の温かさと恩の行き交いはもうすぐそこまできています。

もっと、人と人との思いがお金以外の手段でつながりますように。
お金の奴隷解放宣言、あなたも始めてみませんか??

おっしゃ!給料日まであと5日!
テンション抑えられないお金の奴隷くず野郎なセコママでした。

 

スポンサーリンク

フォローする