SNSフォローボタン

フォローする

わざと寝坊することのメリット!ギリギリこそが人生を得するためのセコ貯金

ここ最近、わたしは目覚ましのアラームを頑張れば間に合う時間スレスレに設定しています。

子どもは3人いるし、
朝は準備にも送迎にも出勤通路にも時間がかかります。

だからこそ、
わたしはわざと寝坊したかのような時間に起きて過ごしています。

わざと寝坊することのメリット

効率を意識して動く

布団の中で余韻に浸る時間なんてありません。
十分寝坊をしたおかげでどこか身体がスッキリしています。

のんびりTV相手に目覚ましじゃんけんなんてしません。
そもそもTVを見てる場合じゃないし、じゃんけんの勝敗で今日の質が左右されることもないのです。(占いカウントダウンも同)

効率を意識して動く!

新色コスメに手を出さず定番アイテムで揃えたお気に入りコスメは挑戦しないから技術も仕上がりも安定しています。

朝ごはんを用意してから子ども起こすとスムーズに支度に取りかかることが分かりました。

電気をちゃんと消したかどうかのチェックやゴミ集めは動線上でしっかり順番を組んでいます。

7:00起床
8:00出発

朝我が家は起床から1時間で家を出ます。
もちろん朝ごはんは毎日用意するし、なんならお弁当も毎日持って言ってます。

全ては効率あってのことなのです。

※効率無し、時短重視の究極の朝ごはんはバナナかキウイで十分です。

栄養満点!子どもも大喜び!フルーツ最高!

夫がしっかりする

5:30に起きて、しっかりした朝ごはんを作り、夜に干した洗濯物を取り込み、自分のメイクをして家族を起こしにいく。
以前までのわたしは、家庭を支える妻として母として一生懸命でした。

7:00に起こしてもなかなか起きれない夫は二度寝のあげく結局7:20頃に本格起床
せっかく作った朝ごはんも食べてもらえないまま家を出る、なんてのはしょっちゅう。

家事はおろか、子育てにすら協力してもらえる隙間がありませんでした。

わたしが寝坊するようになった今、
お皿を洗いながらわたしの準備を急かしています。

アテにできないことが責任を育てる

・朝起こしてくれる保証がない
・妻はアテにならないから自分でやるしかない
・妻1人じゃ頼りないからちょっとは手伝ってやろう

ギリギリなわたしに夫は優しくなりました。
そして頼もしいほどしっかりするようになりました。

もし今、夫が頼りない
家事や育児に協力的でない

と悩む方がいるとしたら、あなたが完璧すぎるからなのよ、とアドバイスしたいです。

ちょっとできないくらいがちょうどいい。
いっぱいいっぱい感、ギリギリ感、ほんの少しの頼りなさがパートナーの責任能力、向上心を育みます。

アドレナリンが大量放出される

朝からドタバタした
朝から脳みそフル回転して遅刻せずに会社に到着した

そんなときのわたしは、職場でも最強です。

・プレゼン能力があがる
・コミュニケーション能力が上がる
・仕事にもやる気が出る

アドレナリン大量放出

なんか今日はすごくやる気に満ち溢れている!

朝から効率よく家タスクをこなすことができるとその後の仕事の効率も上がります。

退社時間よりも1時間早く今日の業務が完了した!
明日やる予定だった資料の作成や、その後の段取りを組むことができ、より一層作業の効率化が図れます。

おわりに

ギリギリっていつも時間に追われて、心にゆとりがなさそうだし精神状態ってあんまり良くないよね。
誰かに迷惑とかかけられないし。

もちろんです!

寝坊して、誰かに迷惑かけてはいけません!

だからギリギリできる時間に目覚ましをセットしよう!
ギリギリできるかできないかの狭間を挑戦しよう!

余裕のあるゆとりある穏やかな人生より
遥かにスリリングで伸びしろは膨大、生き様は鮮やかですよ!

ギリギリこそが人生得する!
人生を楽しくするための究極のセコ貯金です。

スポンサーリンク

フォローする