SNSフォローボタン

フォローする

割に合わないから仕事を辞めようかと思った


【割りに合わない】・・・

労力の割りには結果が伴わないこと。大した得にならないこと。
例えば、重労働の力仕事で、当然見込まれる報酬とはかけ離れた低賃金であるさまを、「割りに合わない仕事」などという。

いやはや全くその通り!
仕事が割りに合いません。
だから辞めたい!辞めてやる!

そう思っていました。

世の中大抵割りに合わない

低賃金すぎて割りに合わないという例はよく見かけますが、世の中の大抵のものが割りにあってないと思います。

子育ては割に合わない

年中無休でお世話して、時に叱り、時に褒めたりを繰り返しながら我が子を育てるこの時間。
全くの無賃金です。

しかも、成人するまでの責任は重大であるのにこれが必ずしも成功するかという定義も確証もありません。

自分の時間を削り、自分の稼いだお金をかける。
思い通りにはいかずイライラしたり孤独に感じたりする日に限って

割りに合わない!辞めたい!と思います。

生まれた瞬間から人類平等ではない

生まれつき可愛い子
親が金持ちの子
何かしらの才能が開花して成功する人

努力は報われるとはいうけれど、努力なしで得してる子はいっぱいいます。
貧乏時代、一生懸命働いて稼いだところでようやく一般のひととイコールになれた程度。

それでもそれを保つのに必死だった過去を持つわたしにとっては最初の境遇そのものからなんだか割りに合ってない!
辞めたい!セレブな家庭に生まれ変わりたい!

企業に勤める限り割りに合わない

・一日の3分の1を仕事に費やす
・起きてる間で換算すると約半分
・それって人生楽しいの?

好きなことを仕事にしていたつもりだけど、毎日決められた時間に出社し、時に残業、時に起こるハプニングに心が揺れるのがもったいない。
家族以外の人間との円満な関係を職場で作り上げるのも時に億劫にすら感じられます。

企業に勤めている限りどこか割りに合わない。
給料面だけでなく、規則やマナー、人間関係に疲れたときにふと思います。

仕事辞めたいな。

割りに合わないことをすることで人生がキラメく

毎日好きな時間に起きて
毎日自分の好きな事をして
毎日好きなものを食べて
毎日好きな時間に眠りたい

そんな生活をず~とず~と過ごしていたいなぁ
ず~っとず~っとそんな過ごしていたらきっとなんて平和でなんて平坦なんだろう。

なんの記憶にも残らないなんてペラペラな人生なんだろう。

子育てに疲弊した後に垣間見える子どもの成長には涙が出るほどの喜びがあります。
工夫と知恵をこらして貧乏を脱却した今、最強の節約術と自信たっぷりの預金通帳を携えています。
何かあったときに身を張って一緒に努力してくれる家族以外の存在が職場にはあります。

割りに合わないことには必ず人生をときめかすための伏せんが組み敷かれているのです。

ふと振り返ったときに
人生の転機や、心揺さぶる思い出には必ず割りに合わないと思いながらこなした苦労と涙があるはずです。

おわりに

割りに合わないことをこなそう!
割りに合わないを楽しもう!

いつか振り返った時にあなたの人生はより濃厚に変わっていることでしょう。

関連記事

www.sekochokin.link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする