SNSフォローボタン

フォローする

肉の油で野菜を焼け!時短・節約料理は作る順番が大事!


わたしは朝ごはん、お弁当を一つのフライパンで一気に作ります。

その間にフライパンを洗ったり、油を足したりすることはありません。

もっというと、お弁当作りは開始から終了までいつも10分以内です。
わたしがご飯を作るときに一番こだわっているのは効率と節約です。

肉の油で野菜を焼け!

わたしはご飯をつくるとき、一番フライパンが汚れる肉料理のあとに焼き野菜系を作るようにしています。

・フライパンを洗わず使用
・余熱ですぐにできる
・お肉から出る油で野菜を焼き上げるから勝手にジューシー
・味付け不要
・油のつぎ足しが不要

キャベツ等の葉野菜はあっという間にしんなりするし、ブロッコリーなどの芯のあるものは肉を焼いたあとの余熱でしっかり中まで火が通ります。

お肉からでた油で焼くから香ばしいし、ちょうど良く焦げめもつくから見た目もグッド!
少量の塩コショウだけでも美味しく焼きあがるのが一番のポイントです。

洗って使うのではなく、お肉を焼いたあとのフライパンをそのまま使うことで
余熱、残り油をそのまま有効活用!!

時間も労力もすべてにおいて無駄のない時短節約料理の手順です。

お弁当作りは卵焼きようフライパンひとつでオッケー

1.卵焼きをつくる(油大さじ一杯)・ハンバーグを焼く(油足しなし)
2.ビックリ水でハンバーグを蒸す(肉汁が出る)
3.ブロッコリーを焼く(肉汁油利用)

ハンバーグのように肉汁が出やすいものならよりオッケーですが、鶏肉でも皮つきのものならじゅわ~と肉汁がたっぷりとれます。

ウィンナーなら野菜も一緒にいれて一気に焼きます。

フライパン一つで始まり、一つで終わろう

食材の焼く順番を意識するだけで効率が上がりかつ、節約にもつながります。

ちなみにここ最近はすべて卵焼き用フライパンを使用、洗い物面積も小さく済ませています。

おわりに

毎日メンドクサイ朝ごはん作りやお弁当作り!
子どもがいると他の準備に気が取られ時間だけがあっという間に過ぎていきます。

手早く済まそう!
楽をしよう!

肉の油に注目するとそこには美味しさと時短と節約のポイントがたくさん隠されています。

スポンサーリンク

フォローする