SNSフォローボタン

フォローする

ゴミで作る子どものおもちゃ~段ボールは夢の宝箱!

わたしは子どもにおもちゃを買いません。

むしろお誕生日ですら実用性のある贈り物を誘導して選ばせます。
去年のクリスマスにはサンタさんからいくつか絵本が届いたけど、おもちゃがいいって泣いたよね。(これには少し反省)

それくらい、子どもにおもちゃを買うのを渋っています。おもちゃがない!そんな我が家にこんな出来事が起きました。

子どもが工夫し作るようになりました

・ティッシュの空き箱
・ラップの芯
・コープ宅配のチラシ

捨てる前のガラクタゴミから子どもたちはたくさんのアイディアをひねりだし、新しい作品を生み出します。

そこらへんすべてのものが遊び道具に早変わり!

子どもは遊びの天才とはよくいったものだなって思いました。

ただのチラシですら魔法のステッキに早変わりです。

子どもはいずれ本物志向になる

アンパンマンの上等高級なキッチンセットをじじばばから貰いました。

雄たけびをあげて目をキラキラさせながら遊んでくれました。

「みなさんこんにちは、今日はこれで遊んでみたいとおもいまーす!」

どこかの有名なユーチューバーキッズを真似して独特な遊び方をし始めます。

そう、おもちゃも遊び方も誰かの真似っ子

飽きてきた我が子らはついにキッチンからお玉やザル、ボールを持ちだすようになりました。
身近なママの真似っ子がしたい!
もっと新しいものに触れてみたい

おもちゃはしょせんおもちゃ、いずれ子どもはおもちゃから本物志向になっていきます。

それも早い段階で。

おもちゃを貰ってきらめく姿は感動ものだけど飽きる早さには絶望ものです。

我が家のおもちゃなう


段ボール箱でできた電車です。


ハンドルはもちろん、スピーカーだってついています。
姉妹で交代ばんこに譲り合って乗ります。

ちょっと破けてもはがれてもわたしは痛くもかゆくもありません。

段ボールを手にした子どもたちはおもちゃをもらったときのように輝いているし、ゼロから自分の手で作りだす遊び方はもはや誰の真似でもありません。

週一でコープ宅配がくる我が家はそのたびに子どもがウキウキ段ボールを見ただけで雄たけびを上げるようになりました。

想像しよう
創作しよう
問題を解決しよう

段ボール電車に箱のまま乗るだけじゃ誰かが押す方法でしか前に進まない!
今度は底に穴を開けて自分で進めるようにするんだって!

子どもが想像し、作る過程で課題を見つけ自分で解決する力を身につけていきました。

大人にとってゴミだと思う品々は
子どもにとっては宝物

ゴミの姿カタチ以上にそこに秘められているパワーが偉大です。

おわりに

想像させよう
作ってみよう
解決してみよう

自分でゼロから挑むおもちゃ作りは楽しいし、正規のおもちゃよりも学ぶポイントがたくさんあります。

捨てる前に考えてみよう
どうせなら有効的に活用してみよう
アイディアを共有しよう

わたしたち親にとってもそれは子育てにおいて大切な気付きになることでしょう。

スポンサーリンク

フォローする