SNSフォローボタン

フォローする

保険会社や銀行でお金を運用して得した小さなメリット

お金の話にがめついわたしは、何かと資料請求やネットサーフィンで資産運用法を調べています。

しかし、がっついてくる保険外交員や銀行員が苦手です。

恋にも金にも自分から向かっていきたい、そんな熱くメンドクサイタイプの人間です。
どうも、松岡sy・・・セコママです。こんにちは。

保険でお金を運用しています

・学資保険
・個人年金積立

生命保険やけがや入院保険ももちろん入っているけど、もしもの時でなくても確実に備えておきたいお金の運用方法として上記の保険に加入しています。

学資保険は600万円の貯蓄になったし、
定年退職したあとの老後は個人年金で生活を賄おうと決めています。

長期貯蓄型の保険は払込金額よりも返戻金が高いのが特徴

この時点でわたしは確実に増やすお金の運用が叶っています。

しかし、
保険に加入することで金銭面以外にも得する小さなメリットがありました。


・出産祝いのお菓子をもらう
・誕生日にお祝いメッセージと粗品が届く
・保険会社主催の子ども向けアトラクションチケットがもらえる
・ポイントで定期的にプレゼントがもらえる

保険会社の営業力なのでしょうか?
資産運用に敏感だからこそ定期的に資料請求や会う機会が多く、関係がよりカジュアルで密になりました。

いろんな特典やサービスが利用できる!

毎月支払う個人年金保険の積立金に関しては並行してポイントが加算されます。

今はどの企業もポイントがアツい!
クーピーやタンブラー、梅干しや菓子折り

今までにいろんなものと交換してGETしてきました。

楽天カードとかはえげつないポイントサービスをやってますしね。

銀行で積立貯金してます

金利はカスだけど、とりあえず安心

手元に自分のお金がある。
銀行のもつ魅力は株や保険にはないお金と自分との密着度、親近感でしょう。

万が一、銀行が倒産しても個人預金の1000万までは保証されますしね。
自分のお金がリスクにさらされて消える心配がありません。

他にも、銀行でお金を運用して得する小さなメリットがあるんです。

・通帳が簡易家計簿になる
・使う予定のないお金を定期で少しでも儲けることができる
・定期切り替えのたび箱ティッシュがもらえる

お金をおろした日に使う用途を通帳に書き込んでおけば、振り返ったときにちょっとした家計簿になります。
当分使う予定のないお金はひとまず定期に入れておくだけで、普通預金よりもお金は増やすことができるでしょう。

一年の間に複数回定期が満期になるように設定してるわたしは、一年間に数回定期更新のお礼として箱ティッシュをもらっています。
(定期小分け貯金法)

あ、そうそうこちらもポイントサービスのおかげで
土日祝祭日の引き出し手数料は無料になるし、積立定期は0.05%金利が上乗せになりました。
ちょーラッキーです。

おわりに

人や会社を通しての資金運用ってうさんくさい~
こんな不景気じゃあどの企業も信用できないしね~

自分しか信じない人間はもはや現金を金庫管理していくしかありません。
しかしそれだと増やすことはできないのです。

ありがちな保険や銀行での資産運用を掘り下げてもう一度見直してみましょう。

セコイけどちょっぴり得するメリットが隠されているはずです。

スポンサーリンク

フォローする