SNSフォローボタン

フォローする

子どもには習い事の前に金銭教育をした方が良い

幼稚園からの月謝袋をわたしに渡し忘れた長女5歳はとてもバツが悪そうです。

月謝袋の内訳は娘の預かり保育園代に教材費、保護者会費などが含まれています。

子どもにとってのお金の価値

私たちは大人になるにつれて徐々に稼ぐ大変さ増やす苦労を知り始めます。

子どもにとってのお金の価値は

欲しいものを得るためのもの

お菓子やおもちゃ、好きな物を得るにはお金が必要。

もちろん私たちもそれを得るために働いたり節約や貯金に励んだりしています。
家や車や老後の保険。年とともに欲しいものやステイタスが変わり、そう簡単に欲しいものを得られる状況ではなくなりました。

子どもだからこその価値観

お金さえあればなんでも手に入る!

まだ欲しいものの価値が低いがゆえにこの考えが直結し定着してしまう怖さがあります。

子どもの金銭教育はどうする?

子どもが働いて稼ぐを実感することはできません。
例えおままごとであっても物価は子どものさじ加減なので金銭教育の意味があまりありません。

ではどうすればいいのでしょうか??

わたしがやってる金銭教育は一つ

お金の受け渡しに責任を持たせる


・月謝袋の内訳をしっかり教える
・スーパーに行くと決めたときは玄関から小銭を握らせ別レジでこの子だけで会計させる
・祝い金やお年玉は自分で保管するかママに預けるか選択できる

5歳の娘には現金管理を責任を持ってやってもらっています。
長期的ではなくあくまで短期的なものです。

月謝袋に入れるお金に合わせてこれがなんのお金なのかをよく話聞かせています。
スーパーに行く日には130円を渡して自分で予算内のお菓子を選び、自分でお会計に行かせています。
お年玉をどこに置いたか分からなくなった経験をしてから、お金はしっかりわたしに預けるようになりました。

自分自身でお金管理の一役を買うことで、失敗を重ねしっかり金銭感覚を身に着けていったのです。

お金の失敗談を若いうちで重ねよう!
大人になってからだと手遅れになることが多いからこそ今のうちにたくさん失敗させることが金銭教育の秘訣です。

おわりに

「ママ、わたしもう幼稚園で絵本借りられないかもしれない」

かばんの奥からいつ渡されたか分からない月謝袋を握りしめそう話す娘

使う用途、渡す期限、ちゃんと支払う必要性を十分に理解してるからこそとてもバツが悪そうです。
同時にこの失敗で彼女はいろんなことを学びました。

ものを得るにはたくさんの責任を重ねる必要があるんだ!

なんでも揃ってる今の社会、可愛いがゆえになんでも与えたくなる親心、将来を案じて身に着け備えてあげたい習い事や教育

子どもを育てるのならまずは金銭教育から!

買う意味、支払った先の行方、お金の代わりに自分が得られるものは何か

子ども心で気づく感覚こそが今後の将来を大きく変えていくはずです。

絵本バッグを握りしめ、園までかける娘の背中は今日もとても楽しそう!
子どもの習い事の前にぜひ金銭教育を始めてみましょう!

スポンサーリンク

フォローする