SNSフォローボタン

フォローする

30代共働きの5人家族、普通預金にいくら入ってる??パート2

いろんなところで情報が飛び交ってる周りの平均貯金額ってあてになりません。

あれって大金持ちの世帯の預金額がとびぬけて高いがために平均額があがる傾向にあるんだそうです。
みんなの貯金額を知るには「中間値」で調べるのが良いそうですが、これも地域や収入によって偏りが出るから問題です。

ぶっちゃけ、みんないくら貯めてるの?

前回も公開して普通預金口座を批判しましたが、
今日は2016年8月現在のわたしの預金通帳を晒して普通預金のメリットを紹介します。

我が家のお金の貯め方

我が家のスペック

夫 30歳 年収300万 賞与なし
私 31歳 年収200万
子ども 3人(5歳、3歳、0歳)

賃貸住宅 90,000円(3LDK)
光熱費 15,000円
食費 40,000円~50,000円(コープ)
通信費 8,000円
保険 20,000円

そのほか子どもの保育園料やおむつ代、車の維持費(2台所有)、などその他もろもろの費用が取られます。
会社帰りにスーパーに行くのが苦痛になって最近はもっぱらコープの宅配を利用

そのため食費が見切り野菜や特売を狙う機会がなくなり割高になってきました。

一定額を夫からもらい、生活費にあてがい貯金はわたしがメインで行うざっくり割り切り家計運用です。
お小遣い制とは真逆。

振り分けてやりくりした分がお小遣いになるという感じ。

夫のお金の使い道に文句は言わないし、自分も言われることがない。
夫婦でも別生計と割り切ることで責任能力をあげています。

わたしの普通預金

 280px 1枚

2016年8月現在
612,749円

・ボーナス月だった
・子ども医療費が振り込まれた
・定期満期直前

もうすぐ定期が満期になるから、その時期に合わせて普通預金のお金も一緒にいれて更新する予定です。

わたしの普通預金は一目見れば家庭の支出が見直せる家計簿です。

普通預金でお金を貯める方法

自動振込・引き落としを1冊にまとめる

・給料振込
・子ども医療費の振込
・カード引き落とし
・コープの引き落とし

収入と支出のバランスを明瞭化するために自動振込と引き落とし口座を一冊にまとめます。
金額と一緒に振込先や支払い先が印字されるので、家計簿なしで一定の生活支出入サイクルを把握することができます。

現金を引き出したら用途を記入

通帳とカードは常にセットで持ち歩きます。
逆に現金を引き出す予定が無ければ家にカードも保管しっぱなしです。

お金を引き出したあとは用途を通帳に書き込みます。

・計画的にお金を使うようになる
・使用用途が分かるから見直して明瞭

あれ?この3万円。なんでおろしたんだっけ?
久しぶりに記帳したらすっかりお金の行方が分からなくなってるときはありませんか?

通帳とカードをセットにしてお金を引き出し用途を記入することでこういった曖昧なお金管理はなくなります。

何より計画的にお金を動かすから、健全に家計をやりくりできるのです。

段階的貯金

一定額貯まったら定期預金に移動。
それまでは普通口座で無理なく貯金。

出し入れのしやすさが貯金にたいしてのストレスを軽減させます。

やりくり口座として活用していくことで段階的に貯金力を身につけていきましょう。

普通口座でお金の運用することができたら一気に貯金のハードルが低くなります。

普通口座が家計簿になる

・自動振込・自動引き落としをまとめる
・通帳とカードをセットで持ち、引き出し毎に用途記入
・一定額貯まれば定期に移動

普通口座をうまく活用すれば自然とお金は貯められるようになります。

普通口座は家計簿になる!

支出入を把握して家計のお金管理を明瞭化しましょう!
普通口座はそんなあなたの家計簿として最適です。

スポンサーリンク

フォローする