SNSフォローボタン

フォローする

会社辞めて悠々自適な専業主婦になる!!

って言ってみたいですよね。

残業続きで深夜帰宅が続いた1週間

子どもの寝顔と夫の不満気な顔ばかりを眺めた1週間

本気で会社辞めてやろうと思っていました。

いつの間にか戦力になっていた

わたしは愛社精神もなければ向上心もありません。

定時に帰ってなんぼの社員なんですが、会社と対等でいたいがために仕事はしっかりこなしておきたいタイプです。

貸し借りは作らない。
そのための働きを常に意識してきました。

単独行動できる職種であれば良かった。

いつの間にか自分の仕事に+αが重なるようになりました。

会社の新しい企画の立ち上げ
会議や打ち合わせ
上司からの依頼
部下のフォロー

会議や打ち合わせが入るたび自分の仕事をやる時間はなくなるし、やっととりかかれる時間には常に違う依頼が舞い込みます。

わたしはいつの間にか会社の戦力になっていました。

わたしは今戦うべきなのか

新しい企画が成功したときは嬉しかった
上司に褒められることで自信がついた
部下に頼られることが誇らしかった

わたしは会社にいることで、自分の価値が高まったような気がしていました。

同時に違う側面も抱えるようになったのです。

ヒールの高いパンプスで歩く夜の帰路はつま先がジンジンと痛みました。
子どもの様子や成長を保育園からの連絡帳で知る日が続き、母親としての価値が少しずつ削がれていきました。
言葉少ない夫の考えていることは言わなくても表情で伝わります。

子育てをしながら働くって大変、なんて思っていたけれど
ここ最近のわたしは仕事の合間に子育てしてるって感じ。

わたしは今、なんのために働いていたんだっけ???

会社で成果を上げるよりも、上司に褒められるよりも、部下に頼られるよりもわたしが守りたかったものはなんだっけ。

今、戦うべきフィールドはここではない。

夫が作った栄養調整ミルクをたらふく飲んで寝てる息子の寝顔を前にわたしの胸からはそこそこ栄養の偏った母乳がにじみ出ます。

頼りない母親だけど与えてやりたいものはたくさんある
与えそびれた愛情の滴はいつか大きな溝を作るかもしれない

びしょびしょになったブラウスのままわたしはそんなことを考えていました。

会社を辞めて専業主婦にはなれない。

・経済的事情
・保育園の事情
・転職するには不都合すぎる家族構成

決して高収入ではない我が家は共働きが生活するための必須条件だし、会社を辞めるとなると認可保育園に通う次女と長男は退園になっていまいます。

乳児がいるってだけで転職にも不利になりそうだし。

そもそも会社を辞めて主婦したい!って思うのは浅はかで主婦業を舐めてますよね。

料理も掃除も子育てもこなしながら年中無休で無給だなんて主婦業はブラック企業です。

明日からは定時に帰る宣言

明日からは定時に帰ってやりますよ!
できないことはできないって断ります!

むしろ自分の仕事以外はやりません。

仕事で頼ってもらえなくても家族に頼ってもらえる存在であればそれで十分です。

いきおい任せな今日の記事ですが、明日からのわたしとあなたにエールを込めて。

働くママファイツ!

スポンサーリンク

フォローする