SNSフォローボタン

フォローする

牛乳は乳飲料ではなく生乳100%を買う理由~違いって??


わたしは貧乏だけどこだわりがある貧乏です。

見栄はないけど、意地はあります。

スーパーでお肉を買うときは数分ウロウロして悩むけど、牛乳は瞬殺で選べます。

乳飲料と牛乳の違いって??

見た目はどちらもパックに入った牛の絵が書かれたもの。
ただし印字が違います。

「牛乳」か「乳飲料
または「加工乳」とか「低脂肪牛乳」

違いは一体何なんでしょう??

「牛乳」は高い

生乳100%だからこそ、衛生管理基準が極めて高い牛乳は値段もそれなりに割高です。

バターやクリームを加えた管理コストを抑えた加工乳や乳飲料が特売だと200円以下~150円台で買えるのにたいし牛乳はほとんどが200円超え。

栄養価が違う

生乳100%の牛乳は身体に吸収されやすい水溶性のカルシウム
しかし、高温殺菌され調整された牛乳は成分が不溶性に変化してしまいます。

他にも調整牛乳はタンパク質も熱変性をうけて不活性化が起こります。

味が違う

牛乳をコップ1杯飲んだときの後味が違います。

濃厚でおかわりをしたくなるものが牛乳
飲み始めから薄いなぁっておもいながら最後まで飲みきれないのが乳飲料

調整された牛乳はやっぱり薄いです。
コーヒーにいれて比べたときは一目瞭然

牛乳はまろやかになった感じがするのに、乳飲料はコーヒーすら薄めた味がするのです。驚愕の逆ミラクル!

貧乏だけどわたしはこれからも生乳100%を買い続けます!

やっぱり美味しいのがいい!
栄養があるのがいい!
プラス30円~50円で味わえる幸せがそこにあるのならわたしは買います!!

100%の牛乳はあなたの生活を小さなところから豊かにするでしょう。

身近で得して幸せになるためのわたしのセコ貯金です。

関連記事

www.sekochokin.link

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする