SNSフォローボタン

フォローする

子どもの習い事にいくら費用をかける??ランキングと合わせて考察!

我が家には来年小学生になる娘がいます。

周りのお友達や義父母の影響もあってそろそろ習い事の一つやふたつさせたほうがいいのかな?なんて悩んでいます。

幼少期の習い事って何をさせるのがよくって
どのくらいの費用がかかるんだろう??

1歳~6歳までにおすすめの習い事

幼児教室

カリキュラムに沿って総合的に学ぶ教室
私立の幼稚園でよく取り入れられているのが英語や楽器演奏を含めた授業です。

もちろん、国語や算数といった授業も教えてもらえるため、子どもが公立の小学校に入学したときにスムーズに授業に取り掛かることができ苦労することがないといわれています。

水泳

体力がつき風邪をひかない!
肺活量が鍛えられ、全身運動が行きわたるため免疫力があがるともいわれています。
お家遊びや、公園遊びではなかなか遊び足りない!と感じる年中さん以降にはおすすめ!

いい感じに身体が疲れるため入眠までの時間が短縮され、ママの負担も楽になること間違いない!

英語教室

これからはグローバル?
日本の大企業では公用語が英語で行われるところもあり、将来的に英語の需要は高まりつつあります。

世界的視野を取り入れる、また日本の文化を継承していくにしても伝える能力、発信する手段のひとつとしてぜひ身に着けておきたい言語ではあります。

体操教室(新体操・体育教室)

体力がつく、精神力がつく。
体操や体育は主に誰かと競うのではなく、自分との戦いです。

苦手を克服すること、達成感を得ること。
体力面以上に精神力が鍛えられます。

大人になって思うのが体力や知識の高さより重要なのは精神力だということ。
一つの特技が自分の安定を図るからこそ、基盤となる精神の軸はもたせておきたいところです。

リトミック

音楽に合わせて想像し、身体を動かす
音楽の楽しさを学ぶ

子どもが子どもらしく伸び伸びと好きなことを楽しみ表現できる子になって欲しい!
リトミックは子どもにとって一番大切なことを学べる上、一番身近で始めることができるのがグッドポイントです。

(朝の日テレはリトミックだらけ)

児童劇団

劇団になんて入ったら妙に大人びた子どもになったりしないかしら?
子役をしてる子って普段と演技のギャップが分からなくなりそう!と懸念してましたがどうやらそれは違うみたい。

・挨拶
・マナー
・礼儀

特訓の中で学ぶ人間力のふり幅が大きいんだって。

芸術教室

子どもの五感を刺激する、表現する、

インプットとアウトプットの繰り返しで子どもの中に隠れている感情や想いのぶつけ先の手段が広がる。

幼少期の子どもの言語は未発達だし
思春期以降の会話なんてあってないようなものかもしれない

子どもがどこかで行き詰まったときの空気を抜くのは会話だけである必要はありません。

表現の選択肢が広がればそれだけ子どもの可能性も広がります。

サッカー

男の子なら一度は憧れるサッカー

将来なりたい夢ランキングでも小学生部門では不動のランキング入りだそうです。

たくさん動きまわって真っ黒にやけた姿は例え小さな子供であってもたくましい。

ピアノ(音楽教室)

習い事の中でもメジャーで人気なのがピアノ。

しかもピアノに関しては今や男女関係なく習ってる子が多いのが特徴です。

毎日の練習は必須だけど自分の手で1曲が演奏できたときの達成感は気持ちがいいに違いありません。

例え引っ込み思案で自己主張のできない子でも、ピアノが弾ければ定期演奏会やクラス演奏会で活躍できるシーンが必ずあります。

得意分野がある、その自信こそが今後の武器に変わることでしょう。

結局費用はいくらかかるの??

2015年のウィメンズパークアンケートの結果
子どもにかける習い事の費用は

1位 5,000円~10,000円
2位 10,000円~30,000円未満
3位 5,000未満

高い~!しかも共働きで平日仕事の我が家は教室にどうやって連れていく?!って悩みもあります。
有名どころのくもんでも1教科6480円するらしいです。

継続が力なり

・子どもの興味にマッチしてるか
・経済状況、家庭環境は整っているか
・サポート状況は万全か(家庭練習や宿題ケア)

始めるのなら最後まで!

我が家はこの1カ月体験巡りをしてから決めようと思います。

子どもの習い事にいくらかける?
まずは子どもの興味と予算設定からスタートしてみましょう!

スポンサーリンク

フォローする