SNSフォローボタン

フォローする

即戦力を自分でアピールするな!新入社員とお金の働き方は同じ

仕事には必要不可欠な戦力ですが、
即戦力を自分でアピールしてはなりません。

これはお金を増やすための貯金にも当てはまります。

即戦力とはスピード

すぐに結果が出せるもの。いわゆる周りは何もしなくてもあなたの働き方で利が回る状態とも言えます。

仕事面では評価に繋がりやすいし、その分信頼を得ることもできます。

即戦力のある人のタイプは大まかに

・物覚えが良い人
・要領の良い人
・先回り能力の高い人

経験者は即戦力があると思われがちですがベースはこの3つのタイプだけです。

最初の知識がゼロでもその後の吸収力、断捨離能力が物をいいます。

自分以外の人が自分にかける時間が少ない=自立するペースの早い人

結果、企業はあなたに手間をかけることなくあなたの働きで利益を得ることができます。
会社が求める人材はいつだってそういうものです。

即戦力を自分でアピールするな!新入社員の働き方

仕事で評価してもらいたいがために、がむしゃらに仕事を吸収していく姿勢は大事ですがハリキリすぎてはいけません。
むしろ最初からできすぎてしまうのも良くないのです。

過程よりも結果が大事だからこそ、自己アピールはほどほどにする必要があります。
人が思うより先に自分でアピールするとどういうことが起こるでしょう。

気にかけてもらえなくなる

あの人はできるから。任せておけば大丈夫。
直属の上司も、同僚も、部下も一目置いてるからこそ、何もしない。

教えてもらうチャンスがグンと減ります。
失敗するのが怖くなります。
遠くない未来で自分からエンストします。

挑戦するシーンはこれからいくらでもあるからこそ
吸収できるうちは吸収しまくること。

企業に入ったばかりなら、大きくでるのではなく粛々と自分の業務を忠実にこなしましょう。

情報が少ない

あれこれさきに進むと、情報は少なくなっていきます。
その中でいくつかの疑問にもぶつかるでしょう。

あなたは自分でそのノウハウを開拓し処理する覚悟ができていますか?

エジソンもコロンブスも独自で新しいものを見つけ生み出してきましたが、あなたは企業の一員です。
新しい道を切り開くには1人であること以上にたくさんの責任を背負うことになります。

少ない情報の中で試行錯誤するのはもっと世界を知ってからでも良い。

企業の問題点、改善点を指摘する前にまずはこの状況下で苦しみ葛藤することで強さと忍耐力をつけましょう。

もしもの保険が手薄い

どうしたの?君らしくない
もっとできると思っていたよ

万が一、失敗した場合の周囲の評価の落胆具合が大きい!

わたしは現在、2人の新入社員をまじかで見ています。

おっちょこちょいの新入社員Aは仕事はまるでできないし失敗ばかりだけど、人間らしくて愛着があります。
数少ない「できた!」を評価されます。

過去に経験があって初期段階からバリバリ仕事をこなしているBは意識が高いけど少し頑固もの。前の職場ではこうだった!と問題定義を掲げることが多くなかなか近寄りがたい雰囲気があります。

きっと彼が何かでつまずいたときは普通以上に周りをガッカリさせるに違いありません。
やる気は見せてもそれ以上を見せると痛い目をみます。

「意外にもできない」
最初の評価が高すぎたゆえに、小さな失敗が大袈裟に触れ回ります。

信頼と実績はすぐに出るものではありません。
長期に渡って経験がそうさせていくものです。

あなたが新しい社会に入ったのなら、まずはよく観察し与えられた仕事を丁寧にこなすことから始めましょう!
そこでの学びが今後の仕事の断捨離力を掴むことに繋がります。

お金の働き方も同じ

・ただ過ごすだけでは増えない
・すぐに稼げる!には罠がある
・無知識に走り出すと損をする

お金を増やすために必要なことは

お金にたいして貪欲になること
情報を吸収すること
自分の得意・不得意の分野を極めること

やみくもに挑戦する前に、まずは自分の足元を確認することから始まります。

今の生活状況を確認することで無駄な出費に気付きます
無駄な出費を抑えることで赤字を免れることができます

その先を自分で考え、知識を増やし、挑戦することでお金を増やすことできます。

仕事もお金を増やす仕組みも働き方は同じです。

スタートしたらいいってわけではなく、スタートしてからが勝負です。

即戦力よりも日々を確実に!
その中での失敗ならもっと自分を大きく成長させることができます。
能力、知識を磨くことを意識して今の生活を見つめなおしましょう。

スポンサーリンク

フォローする