SNSフォローボタン

フォローする

壊れたもの無くしたものは新しく買うな!罪悪感が人を育てる

壊れたもの・なくしたものはすぐに新調してはいけません。

まずは直して、まずは探して!

壊した自分、無くした自分への罪悪感と絶望感を存分に味わってください。

新しく手に入れるのは重罪

壊れたから買う、無くしたから買うは重罪です。
セコ貯金刑法に抵触します。

・愛着に対する裏切り罪
・家計の無駄罪
・物に復讐され恨まれる罪

物を大切に使うことで沸く愛着は偉大です。
逆行すると何もいいことは起きません。

新調するたび財布の紐はどんどん緩くなる上、追い打ちをかけるようにどんどん物に裏切られるようになります。

どんどん物が壊れていく=雑な人間になる
無くした物が新調した瞬間に見つかる=甲斐性無しになる

割れたスマホ画面を修理に出しました

すでに機種代も払い終えたわたしのiPhone

前回記事にしましたが、仕事をがんばりすぎた結果ヘトヘトになってバキバキに携帯を割りました。

貴重な仕事の休みの日に修理屋に出掛けるまでの時間
修理を待つ間の時間

明細書を手にした時の瞬間

 280px 1枚

修理代金9,504円

高い、へこむ、辛い
あの日に戻れるなら戻りたい

雑に過ごした結果壊れたスマホ画面を元に戻すだけで沢山の時間とお金を無駄にしました。

壊れたもの無くしたものは新しく買うな!罪悪感が人を育てる

・もっと大切にしてればよかった
・もっと丁寧に記憶しておくべきだった
・あのときああすればよかった

罪悪感が反省を生み、課題となります。

壊れたものは直してほしい
無くしたものは見つかるまで必死に探してほしい

罪悪感がゆえに見つかったときにはより、物を大切にできる人間になりますよ。
そうなると物にも愛され結果、お金や時間にも愛されるようになります。

罪悪感がお金持ちになるためのステップです。
壊れたもの・無くしたものは新しく買うべからず!

丁寧な人間になりましょう!

スポンサーリンク

フォローする