SNSフォローボタン

フォローする

EU離脱で含み損していた株価が回復しました!

EU離脱~

お昼のニュースで投票結果が出て数秒、

EU関連どころか国内株式までも急降下しました。

もはやここで終値がプラスした企業は神です。むしろちょっと売って!

ほとんどの株式はこの日マイナスで終了してます。
わたしの愛する銘柄もその一途を辿っていました。

EU離脱のその後

移民対策に離脱を決めたイギリスが今も揺れているそうですね。

むしろ、今から再投票を実施したら残留が決定するんじゃないかと言われてるほど国民の意識が違うようです。

若者の投票率が悪かった

離脱を選んだ世代はほとんどが65歳以上の高齢者
投票にいった若年層の「残留」を選択する若者は7割いたそうです。

これからの時代を担う若年層の投票率がすこぶる悪い

少しでも政治に関心があれば
国のこれからに期待するのであれば
もっと自分の暮らしをより豊かにしたいのであれば

選挙にいくべき
これ世界共通

成人した若いやつ、楽しいけれどたばこお酒ほどほどに!
とりあえず自動車訓練校と選挙は行っておけ。間違いないから。

移民の心配はないけど他の国からのサポートも弱まった

EU離脱が決定的となった主な要因は

「移民増加に対する懸念」

EU=欧州連合

加盟している国で支え合おうよ。貧しい国があればどんどん移民として受け入れてあげようよ。

・自分の税金が移民の手当てに使われる
・移民労働者が増え、自国民の雇用機会が失われる
・自分たちへの還元がないじゃない!
=離脱して自国の自国民による自国民のための政治をしようじゃないか

離脱が決定した今、そもそも税収が上がるのかも国外の輸出入取引もスムーズにいくかも謎です。

不明瞭な結果に株価は急降下

EU加盟国どころか、加盟国でもない日本の株価が下がったのは

玉突き事故

EU離脱=加盟国株価下落=NY株価下落=日経株価下落=国内株式

企業の方針、業種問わず無関係に株価が下がる災難に遭いました。

含み損してた株価が回復しました

6月23日離脱決定から含み損してた株価が1週間たって立て直しました。

・EU関係ない銘柄
・仮想通貨関連
・仕手株による大幅な値動きがない

日本円もドルもユーロもアテにならないからこそ、仮想通貨やゴールドで資産運用するのはひとつの打開策

とことんIR調査した上で惚れた銘柄は例え含み損してても損切りせずのんびり眺めることができます。

大企業やIR連発企業でない銘柄だからこそデイトレの的になることも少ないのです。

含み損してても絶対売るな!
EU離脱に焦って何かしようとも何もできないのが世界であり日本であり、日本人であり、わたしやあなたです。

何をせずとも株価は本来あるべき場所に戻ります。
業種にかかるニュースや事件はともかく関連のない時事に惑わされるべからず!

自分らしい株取引、資産運用を心がけましょう。

スポンサーリンク

フォローする