SNSフォローボタン

フォローする

貯金額は人に晒すな!良い人間関係を築くためのお金の話

コツコツ貯めたとしても
がっつり入ったとしても
親戚、友人、夫/妻に貯金額をありのままに晒してはいけません。

お金の話はしても貯金額は言うべからず

あらゆるお金の増やし方、貯め方は人とお金の話をじゃんじゃんすることで知識を増やすことができます。

そして、その意見を元に自分なりの運用方法を見つけていくのです。

そこで相手の貯金額を聞いたところで年収も家族構成も住む地域の制度もバラバラ!比べたところでなんの参考にもならないのです。

ネットで飛び交う「5人家族 平均 貯金額」だってあてになりません。
なにこの額!みんなこんなに稼いでるの?!

パソコンの画面に食らいつきながら貯金のやる気を根こそぎ削がれることなんてしゅっちゅうでした。

不幸自慢はしてもいい

極端なネガティブを置いて、ただの自慢話はしゃくに障りやすいのにたいし、不幸自慢はネタとして笑うことができます。

共感を生む上、誰もが前向きなアドバイスをされやすいしやすいのです。

「カードで買い物したのすっかり忘れてて、引き落とし額にびっくり!悪用されたかと思ったわ!今月ちょーピンチ!」

人間らしくて、かわいいじゃないですか。

失敗談は自分と反映して共感しやすいし、だからこそ双方の課題となりアドバイスし合える関係になります。

逆に「貯金1000万あるの。もっともっと貯金頑張りたい!」なんて言う友人がいたとしたら・・・。

わたしは恥ずかしくって自分のお金事情なんて話せないし、すごいね!なんて言えてもどこかで嫉妬の目がでてきそうです。

かといって自分より少なくてホッとするのも何かが違う。

そんなことだから、例えお金があってもなくても貯金額は言う必要ないのです。

アテにされるのが一番怖い!

わたしが夫に内緒でへそくりを貯め続ける理由はここ!

アテにされないお金への信頼・愛着がすごい!

自分だけがコントロールできるお金は自信とやる気が沸きどんどん増やすチャンスに恵まれます。

一度誰かに開示してしまえば、それはもうあなただけのものではないのです。何かあっても大丈夫、そう思う人があなた以外にあってはいけません。

例え身内であっても赤裸々に貯金額を晒す必要はないのです。

あなたの貯金額はいくらですか??

ちまたのアンケートやネットのアンケート、夫婦の会話、友人間のおしゃべり。どこかで誰もが気にしてる情報には、本当の金額の3分の1くらいの貯金額を言ってしまうのが正解!

ネットの情報は見栄っぱり
夫の目つきは欲の陰
友人の心とわたしの心をざわつかせてはもったいない!

自分と相手は別人種
比べるための会話は必要ありません。

お金の話をじゃんじゃんしよう!
不幸を笑いとばそう!
アドバイスを受けよう
アドバイスをしよう
お金の運用方法考えよう!

やる気と貯金額をあげる方法は良いお金の話が築ける良い人間関係からです。

スポンサーリンク

フォローする