SNSフォローボタン

フォローする

株の落とし穴!ナイヤガラからの狼狽売りが一番損をする

株を始めて一カ月くらいの出来事です。

株を始める前からコツコツと下準備をしてきたわたしに最初に訪れた悲劇

初心者でも上級者でも
みんなが陥る落とし穴はここにあります。

ナイアガラが怖い!

株の俗語とでもいうのでしょうか?
ナイヤガラ=上昇し続けていた株価が急速に下がること

1秒単位で株の板をみていたときに起きた悲劇

株価は買いが売りよりも多いとどんどん上がります。
逆に売りが買いよりも多いとどんどん下がります。

ナイヤガラが怖い!

株価が上がり続けてる途中
急に現れる爆売りの板

どこかの大金持ち(仕手)が非情な数の株を一気に売却します。

チリチリに買いの板が燃やされ、株価は急降下
トレーダーの大半がここで売りにシフトチェンジ!買い手が一気に引くためこのとき急いで株を売ろうとしても売れません。

下がっていく株を青ざめながら見るしかなくなります。

狼狽売りが怖い!

やばいやばいやばい!
株価が超下がってる!!

さっきまで6万円儲かってたのに!!
早く売らなきゃ!早く売らなきゃ!
儲けがなくなる!損してしまう!!

成行売りで出してるのに全然売れない!!
ぎゃ~~~~!!

どうしよーーーーーーーーーー!!!=狼狽売り

【約定】

・一番儲かってたときから-57,000円落ちの+3000円
・その直後、株価が回復
・時すでに遅し

厳密に財布がマイナスになったわけではないにしても、一度掴んだ60,000円が3,000円になったのは凹みました。

S高続きで欲をみた
急落時に焦って冷静になれなかった

株で損失を出す原因のほとんどが欲を見て冷静な判断ができなくなることにあります。

逆に言えば最初から+3000円の時点で利益確定してしまえばこの敗北感はなかったのだと思います。
熱くなるな!欲をみるな!

株で損しない方法

S高が出たら一部利確=ナイヤガラ回避
急落してもすぐ売るな!=待てば株価はまた上がる

狼狽しない冷静なスタンスで株取引しましょう。

ナイヤガラからの狼狽売りの落とし穴は

1.1分1秒とも株の板から目が離せなくなる
2.精神の消耗が激しい
3.敗北感が止まらない

日常生活を楽しむための時間をたくさん無駄にするし、数秒単位で心臓がボッコンボッコン!
例え損失を回避できたとしてもボコボコにされた敗北感がたまりません。

そしてどんどん闇にハマっていきます。
金銭面での損失以上に精神面、時間面で損しています。

株価の急落に動じるな!
S高に期待するにしても上昇してる株はこまめに売却すべきだし、そもそも四六時中チャートにかじりついてなければ急落の波も知らずに悠々とリアルを満喫できるのです。

ナイヤガラからの狼狽売りが一番損をする!

自分らしい株でのお金の増やし方を確立するために

売る基準額を決める
複数株もってこまめ売り
デイトレしない

は鉄則です。

スポンサーリンク

フォローする