SNSフォローボタン

フォローする

損切りしなければいずれ上がる!株価は寝て待て!


株でお金を運用するようになって気づいたことがあります。
株は損した段階では絶対売っちゃダメだ!

もちろん損して売りたい人はいないのですが、これは株取引ではよくある危機管理術なのです。

本格的な板読みや策略的に仕掛けることができない主婦株だからこそおすすめしたい運用法があります。

主婦が株をやるためのステップ
わたしが決めているルールの中でも要は大きな勝負をしない!がモットーです。

ローリスクローリターンを求め絶対に損しない取引を心がけています。

www.sekochokin.link

損切りするな!

損切り=株価が買値より低下してる状況で早めに売ってこれ以上損するのを回避する方法

損切りした時点で損失です。損失をまかなうためにまた違う取引に手を出さなくてはいけないプレッシャーこそが一番の敵になります。

売らなけらば株を保有してるだけの状態、例えマイナスに転じていても待つ姿勢が何より大切です。
損切りしない!そのための株銘柄の特徴として

長期的に保有していい銘柄を選ぶ

・会社の概要をチェック
・IR(活動内容)をチェック
・魅力を感じる銘柄を信じる

その場のノリと勢いで売買しない。
例えマイナスに転じても、信じて待てる惚れた銘柄を選びましょう。

含み益が出た時点で売って、また押し目で買いチャンスを伺うだけの繰り返し。
あちこちいろんな銘柄に移って取引するよりも、冷静な気持ちで株運用ができます。

単元株数100
株価100~270円台で買う

株が本業でないわたしの方針はローリスクローリターンです。

単元株数=最低取引株数

100株×150円(株価)=15,000円

株は一万円から始められる簡単なものです。
株価が低いものを買えば、例え下がったとしても急落はないし損失も低いのです。

一番いけないのは上がり続けて売り逃すこと。
小さな株価でもS高続きになればボンボン利益は増えます。

これに期待して売るタイミングを見失ったとき、株価は本来の位置に逆戻り。

株は波のように上がり下がりするからこそ、例え下がったとしても買値まで戻ってきます。

現物買い!チャートは毎日見ない

自分の持ち金だけで株を買う。
決して借金風になる信用取引はしません。

・好きな銘柄(可能性があると見込んだ株)
・株価100~270(単元株100)
デイトレしない

毎日株価を見るためにパソコンに食らいつかない。

現物買いなら株を保有していて利息がとられることはありません。
株は自分の持ち物。

たまたま見て利益が出てたら売って、またどこかで買えばいい
損していたら、しばらく放置して上がるのを待てばよい

狼狽売りや勢いで買うと秒単位で株価に振り回されます。

株を趣味程度に思うこと、冷静な視点で取引するのが確実に利益をとる最善かつ最適な方法です。

決してハマりすぎてはいけません。

損切りしなければ株価は上がる!

少額で株取引をしてるわたしですが、損切りしないからこそ地味に儲けることができています。
利確のタイミングにはまだ課題はありますが・・・。

ここで売れば20,000儲ける!のときにまだ上がると期待して売り逃し。
結局下がり始めに売って+8,000円

230円で買った株が下がりに下がって170円台に。
そのまま放置してたら回復し、260円に持ちあがった経験も。

主婦が株をやるならローリスクローリターンスタートがおすすめ!
株価は寝て待て!
損切りしなければノーリスクで利益を確保できるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする