SNSフォローボタン

フォローする

子どもの教育資金いくらかかるか不安!3人育児の貯金法

子どもの教育費っていくらかかるんだろう?
よく見かける広告やネットの情報だと一人当たり3000万くらいの教育費が必要と言われています。

え?つまり我が家の場合、子どもが3人だから9000万でほぼ一億ってこと?
・・・・無理ゲ~

教育資金は一気にお金がかかるわけではない

よくよく考えてみると一気に数千万ぶっとぶはずがありません。
保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と段階を追ってお金が必要になっていきます。

公立なら幼稚園から高校までほぼお金はかかりません。
ただ中学校以降になると部活や塾代が必要になってきます。

将来に備えて子どもの教育費となるお金を貯めるなら、

保育園→おむつやミルク代がかかるしNG
幼稚園→公立なら貯めるチャンス
小学校→公立なら貯めるチャンス
中学校→部活や塾、防犯用携帯などがかかるNG
高校→部活や塾、携帯やおこずかい額があがりNG
大学→上期・下期で支払い地獄→貯金の消費

中学に入ると子どもも大きく食費も諸経費も地味にお金がかかります。つまり保育園を卒業した幼稚園から小学校にかけてがお金の貯め時!

大学にいくことを想定するとそれ以降は爆発的に貯金が目減り、おそらく家計を圧迫する可能性もでてきます。

最近では奨学金制度も充実してるけどできるかぎりサポートしてあげたい、そう思うのが親心です。

我が家の現在の教育費

・長女(5歳)
幼稚園児
保育料 7,800円(月謝)
延長料 2,500円(月謝)

習い事なし
家庭学習ドリル 660円(月1冊)

・次女(3歳)
保育園児
保育料 13,800円(月謝)

習い事なし
家庭学習ドリル 660円(月0.5冊)

・長男(0歳)
保育園児
保育料 無料→認可園優遇措置

おむつ代 2,500円(パンパース)
ミルク代 1,600円(ほほえみ)

三人とも認可幼稚園、認可保育園のため
毎月3人で30,000円ほどしかかかっていないのです。

実は去年までは次女が待機児童で無認可園通い、わたしがフルで働いていたのもあり

長女38,000円・次女30,000円
=68,000円のバカ高い保育料を支払っていました。

今年から、我が家の貯め時チャンス!
毎月コツコツ子ども用通帳に貯めては、定期にいれるなどして運用しています。

学資保険に加入しました

普通、定期預金より利率が良い

毎月10,000円~20,000円の子ども積み立てを銀行口座でやっているなら、検討の余地あり。
銀行のお金は貯めた分だけ貯まりますが、それ以上に増えることはありません。

学資保険はお金が増えます。
支払った金額よりも多い金額を受け取れるのです。

我が家の長女の場合、250万の支払いに対し受け取り額は300万円
次女の場合、270万の支払いに対し受取金額300万

契約内容や時期(景気)によって利率が変わるので返戻率を意識して加入するとだいぶお得な資金運用です。

解約しずらい

銀行の口座なんてATMにいけばすぐにお金がおろせちゃう。
何か必要なときにてがだしやすいからこそ別管理はおすすめ。

保険は中途解約すると損するし、そもそも解約手続きが面倒くさいからこそ目的意識をしっかりもって貯めることができます。

死んだら払わなくても子どもの教育資金が保障される

子どもを持って、子どもの成長をミリ単位で見つめていたい、そう思うほど我が子が愛おしいと感じます。

でも人生何があるか分かりません。
子どもには愛情と思い出と不自由ない環境は与え続けていたい

万が一、私が支払い途中で死んでもその後の支払いは不要
ですが契約通りの額が支給されます。

学資保険はその名のとおり万が一の心の保険にもなります。

子どもの教育資金が気になる!
コツコツ通帳管理で貯金するのもいいけれどもしもの備えに学資保険もおすすめです。

スポンサーリンク

フォローする