SNSフォローボタン

フォローする

夫の会社は退職金制度がないので個人年金保険に加入しました。

夫の会社には退職金制度がありません。
ついでに言うと、わたしの会社には定年後の再雇用制度がありません。

一般でいう働き盛りを終えた60歳以降
我が家にとっては死活問題なのです。

個人年金保険ってなに?
長期貯蓄型保険を考える

保険会社の取り扱う商品で貯蓄性が高いものとして有名です。
加入してから定年になるまでのいわゆる働き盛りのうちに、月々積立していくものです。

そして積立てたものを60歳または65歳から分割して受け取れる仕組みが個人年金保険。
国の年金制度を個人的に利用したのがこの商品です。

個人年金保険メリット

・支払った金額より多く受け取れる
・確実に貯められる
・雇用保険加入者なら年金とダブルで受け取れる

貯蓄型保険のほとんどは返戻率が100%超え
医療保険を特約でつけずにあくまで個人年金だけで加入するのがおすすめです。

働いてるときからの積立、しかも保険会社管理だから自分で貯めるより確実に貯まる、個人年金保険は退職後老後の生活がより豊かになるのです。

個人年金保険デメリット

・流動性に弱い
・中途解約は元本割れ

保険会社に預けるお金だから通帳のように簡単に出し入れできず流動性は低い。
途中で生活が厳しくなって解約すると今まで支払った額より目減りする可能性があります。

夫が退職金制度なし
わたしは再雇用制度なし

我が家は転職するか、会社の制度に革命が起こるかしないと老後は確実にあやういので個人年金保険に加入しました。

月12,000円弱の積立で
払込累計539万円にたいして600万受け取れる方式です。

(年60万円×10年)
・わたし(契約者)が死んでも夫が受け取れる

定年後はこれでゆっくり温泉旅行とかプチセレブなおじいちゃんおばあちゃんになりたいです。

おわりに

定年後もどこかで再就職してバリバリ働くなんて無理
かといって老後の人生を節約しながら慎ましく生きるなんてむなしい。

老後をのんびり朗らかに生きたい
孫がきたらお年玉を何度もあげちゃうようなゆとりあるボケをかましたい。

退職金制度がないからこそ、
バリバリ働ける今のうちに老後資金を増やす仕組みを確立しました。

人生の後半を悠々自適に暮らすために個人年金保険はおすすめ!
現役のバイタリティーと資金力を活かして老後の貯金を蓄えましょう。

スポンサーリンク

フォローする