コインチェックついに日本円の出金再開!損してる人の救済方法

 コインチェックは仮想通貨流出後、顧客から預かった日本円の出金を停止していたが、関連するシステムの安全性を確認できたとして、2月13日に再開する予定。関係筋によると、300億円を超える出金の要請があるという。預かり金は顧客の銀行口座に振り込む。ただ、仮想通貨の出金については現在も再開のめどが立っていない。

ついに!!
明日コインチェックから凍結されたわたしの資産が返ってきます!
長かった~~~!

ただし、12月初めに買ったリップルの取引はいまだ再開のめどがたってません。

2018年2月12日現在のわたしのポートフォリオ

コインチェックに凍結された金額は全部で250万円

海外取引所で運用してたアルトコインは2月の初めにすべて売却
50万ほどの資産はビットフライヤーに送金

ビットコインの売買はすべてコインチェックで管理していたため、資産のほとんどがそこにはいっていたままになっていました。

300万が利確に戸惑い目減りして250万に・・・!

50万の利益を失ったのはショックだけど、
まずは逃げきれてよかったと思うしかありません。

(このまま倒産したらどうしよう・・・!)

しばらくは仕事もどんよりモードでこなしていました。

しかしついに13日火曜日!
日本円の出金のみが再開となります。

当日はスマホを握り締めてひっそりと振り込み完了通知を待ちたいと思います。

不幸中の幸い
利益を上げてギリギリセーフの人もいれば税金分を12月時点で抜いてなかった人にとってはハラハラドキドキ
もしくは高値で掴んで損してしまった!なんて落ち込んでいる人もいるかもしれません。

いずれの人にとっても
【もう仮想通貨なんて嫌!怪しい!怖い!】
という印象を強く与えてしまう出来事の連続でしたね。

振り出しに戻りますが、日本円は毎日毎年大量に印刷されています。
このままの状態が続けば必ずインフレになるでしょう。

今握ってる一万円札でできることが数年後も同じようにできるとは限らないのです。

土地や金のように市場価格とは関係のない資産をわたしたちは見つけていかなくてはなりません。

・送金手数料が安い
・国をまたいでの取引が容易
・発行枚数に限りがある

仮想通貨がひとたび実用化されるようになればインターネットが発展していったのと同じような早さで急速に普及していくことでしょう。

もう終わったなんて思ってはいけません。
仮想通貨はまだ始まってもいないのです。

今回の暴落で損してしまった!って人の救済方法

・別取引所とのアビトラ
・底を打ったアルトコインの押し目買い
・ビットフライヤーFX

現在コインチェックは出金再開によりビットコインを日本円にするための利確、または損切り売却が大量発生中!

そのため他の取引所より価格が安い傾向にあります。

そのため私はまずは抑えておきたい日本円分だけを出金
ビットコインを80万ですこし拾いました。

今売却してもいいけど、ビットコインの送金が再開されれば
安くで仕入れたコインチェックのビットコインを別取引所に送金して高い価格で売却しようと考えています。=アビトラージ通称アビトラといいます。

アビトラージとは?

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

これをすることによって今現在損してる人もノーリスクで資産回復もできるし、
利食いしてる人にとってもさらに利益をあげたい人も救済できるトレードができるわけです。

売却のポイントと利幅は十分にとって取引していきましょう。

またNEM(ネム)は現在60円、XRP(リップル)は107円と
暴騰時の4分の1以下です。

コアなファンも多く、実用化に向けて確実に開発が進んでいるアルトコインなので
今のうちに仕込んでおくと後に価格が回復したときに莫大な利益になるかもしれません。

※NEMは今回のハッキングにより認知度があがったので今後の価格変動が楽しみですね。
(よく勘違いされる方もいますが今回のコインチェック事件の原因はNEMではなく、コインチェック側に過失があります)

株運用は4年目突入
仮想通貨でのチャート分析は8か月目

何となく値動きが予測できるようになったわたしはついにビットフライヤーFXを始めました!

コインチェックが凍結されて全然仮想通貨トレードができなくなり暇になったのでFXデビューしたら思ったより稼げています。

人気爆発の去年、わたしは海外取引所でアルトコインに泣かされて続けてきましたが、全体の士気が下がってる今ビットコインのチャートは割と素直に動いている印象があります。

余剰金があってテクニカル分析ができるようになればガチホよりも確実に稼げる気がしますね。

ただし精神消耗するので、自分でボーダーラインを作っておくとよいでしょう。
テクニカル分析についてはまた改めて記事にして紹介しようとおもいます。

いずれの救済方法もビットフライヤー取引所で試すことができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

おわりに

確定申告時期なのもあり、必要書類の提出がせまってなかなかブログが書けていません。
さらには2018年に大量に利確してしまったため来年の税金もいろいろめんどくさそうです。

ビットコインの暴落
コインチェックのNEMハッキング事件

もう仮想通貨のバブルは終わった!なんて引退しちゃう人も多いかもしれませんね。

わたしはまだ仮想通貨の未来をあきらめてはいませんよ。
今後も資産を増やす一つの手段として投資、運用していくつもりです。

日本円だけでお金を貯めるだなんてナンセンス
セコく賢く美しく、資産運用の幅を広げましょう。