2018年1月16日ビットコイン暴落の原因

仮想通貨を年末年始に始めた方は悲報
わたしだって超怖かったよ!

2018年1月16日、
ビットコイン大暴落

定期で発動する暴落ですが、初めての人は超びっくりしたかもしれませんね。
アルトメインだったり、海外取引所で購入してた人は逃げ場がなくて、めちゃくちゃ損した人もいるはずです。

今日は2018年初のビットコイン暴落の原因を探ってみようと思います。

2018年1月16日ビットコイン暴落の原因

今までが上がりすぎた

ビットコインがちょうど注目されるようになった去年の始め
一冊の著書にはこう書かれています。

ブロックチェーンは急速に発展し、2020年東京オリンピックを迎える頃にはビットコインは数十万の価値をつけていることでしょう。

日本は東京オリンピックをまだ迎えていませんが、
価格は180万前後。最高高値では240万円を記録しました。

開発者、さらにはブロックチェーンの仕組みを完璧に理解している人の予想を超えて期待値だけでここまで上がってきていた。
つもり今までが単に上がりすぎてただけなのかもしれません。

中国による仮想通貨取引の規制

今回の暴落の火付けと原因になったのがこれ

[北京 16日 ロイター] – 中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝・副総裁は、仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべきとの見解を示した。ロイターが入手した政府の会議の内部メモで明らかになった。

仮想通貨関連サービスの禁止を検討するメモが発見されたというだけ。

ただ中国は今までビットコインマイニング大国で有名でした。
これが国に規制されるということになると仮想通貨は多くのシェアを失います。

高いうちに売ってしまおう!

価格が高騰している今の利確が利確を生み、
国境を越えて大きな暴落が始まったのです。

大衆に動く日本人がメイン保有者

ちょうどそのころ報道ステーションではビットコインについての特集が組まれていました。

仮想通貨のシェア率を取引高別で国で見たとき
ビットコインの取引量の順位は1位日本・2位アメリカ・3位韓国・4位中国となっています。

仮想通貨について始めて法規制が作られたのも日本
=国が通貨の価値を認めたということ
=今日本が仮想通貨をけん引しています。

過剰なメディアが買いを煽るとどうなるでしょう。
新規が期待値だけでどんどん買いますね。
ずっとやってきたトレーダーからしたらここで高値で売ってしまえば儲けられる!ってなります。

相場は大衆を欺きます。
そして仮想通貨の圧倒的なシェアを誇る日本人の弱点は大衆に流される、ということ。

みんながやってるから、
TVがそういったから
みんなが売ったから

日本の相場は他国を抜く勢いで暴落しました。

一番シェアが高かったはずの日本が
一番ブロックチェーンの仕組み、ビットコインの価値を知らなかった

今回の暴落はとても皮肉なものになりました。

バブル崩壊を懸念する人の利確

急激な価格急騰により、毎回毎回ビットコインはバブルだ!
いつか崩壊する、と懸念されてきました。

すでに何度もピークを越えてるだけに
いつ崩壊してもおかしくありません。

早々に利確。
暴落を前に利食いしてしまわぬよう、たくさんの人が退場していきました。

下がり相場に狼狽する人の損切り

下がり相場になってくると、
含み益からどんどん原資を割り、含み損になっていきます。

つまり暴落の終盤の原因は=狼狽による損切り

これ以上損失を増やしたくない!
暴落が暴落を呼び、価格はみるみる下落していき、ついには100万円を切るところまできました。

わたしは買い増ししました

急騰してる185万で売り、
さらに148万で売る

下落してる131万で買う

リバウンドし、上がった138万で売り
121万で買い増した。

ナンピンは、暴落時でもお金が増えるんです。

すでに下がるとこまで下がったといわれるビットコインの100万ですが、
去年の11月始めは80万弱ですからね。
ちょうど一年前なんて8万円です。

今までが上がりすぎたと思えばそうだし、
それだけはやく始めてた人にしてみればそれでも十分利益を持っている相場なのです。

12月のピークに比べたら確かに利益は少し減ったけど、
現在本業の年収ほどの含み益を持っています。

おわりに

1/18ちょうどビットコインが大きく反転し、上昇トレンドの雲に乗り始めました。

ただこれだけ大きな下落ですから、元の位置に戻るまでにしばらく時間がかかるでしょう。
わたしは、この上昇で少量ずつ利確し、いったん来年の税金分を確保。

今後はマメなトレードこそ控えていこうかな。
やっぱり疲れた・・・・!

仮想通貨の変動は株よりも大きい、通貨の価値を知らないいろんな人が乗っかってる今投資はハイリスクハイリターンです。

上手な売り方、買い方を知って
自己責任で取引をおこないましょう。