仮想通貨投資を始める際の5つの注意点~破滅しないために

去年6月から仮想通貨投資を始めて、ようやく含み益が300万を超えようとしています。

誰でも、儲かる!って言われてるほど
バブリーな仮想通貨事情ですが、

その裏ではめちゃくちゃ損をして死んでいく人も多くいます。

仮想通貨で死んでいった人実例

仮想通貨FXで大失敗、トレーダー引退して会社勤めを決意した人

ニコ生配信で主にしこりさんがFXビットコイン強制ロスカット-2828万損失

ビットコインの暴騰により売りで入ってたにしこりさんが、ナンピンの末強制ロスカットを食らい、
+2000万から一転-2828万となり仮想通貨トレードから引退するという事件がありました。

当時その内容が本人により動画配信
視聴者からの辛辣なコメントが殺到しました。

※ロスカット

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。

FXには、株のように値幅制限いっぱいまで売買できる「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。また、レバレッジを高くかけることができる反面、損失もかなり大きくなってしまう可能性があります。証拠金が全額なくなってしまうばかりか、不足金が発生してしまう可能性もあります。

それらのリスクを避けるためにあるのがロスカットです。

※ナンピン

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。これが「ナンピン買い」である。空売りした後で株価が上昇した場合に、上昇後の値段でさらに売り増しする「ナンピン売り」もある。

例:1000円で1株を買い、800円に下落したとき更に1株買えば、平均価格は900円。その後901円まで戻れば利益が出る

期待通りに価格が戻れば上記のように利を得ることができるが、失敗した場合は損失が上乗せされる。

例:上の例で800円から更に下がれば、損は倍の早さで膨らむ。600円での損は難平しなければ-400円、難平すれば-600円。

本人曰く、
「ここがうまくいけば会社辞められるかなって思った。
でももう無理。引退して仕事頑張ります・・・・(涙)」

と涙の動画配信。

儲けてる人でも一瞬にマイナスになる怖い世界です。

その後、にしこり氏の思惑どおり、BTCは下落。
あと1日遅ければ逆に大儲けできたというの何とも皮肉な結果でした。

意を決して仮想通貨参入!秒で損して秒で引退した初心者

ありがちなのがこのタイプ。

「おすすめ通貨 アルトコイン」で素直に検索
ツイッターやブロガーの煽るまま購入
またはチャートをみて爆上げしてるコインにそのまま便乗

一気に暴落

仮想通貨は秒で下落します。

新規参入者殺しとも言われていますね。

ちゃんと様子をみて自分で調べて購入すればいいのですが、
初心者ほど勢いのままコインを購入して失敗する傾向にあります。

仮想通貨を始める際の6つの注意点

・予算を決める
・銘柄を調べる
・銘柄を絞る
・下がってるときに買う
・欲張らずに売る
・儲かったら原資を抜く

追加追加の増資は破滅の元、
最初に予算を決めてそこを増やすことができるかできないかで自分のセンスを見極めましょう。

あっという間に溶かした場合は、やけにならずにさっさと引退した方がいいです。

ビットコインはともかくほかの通貨
イーサリアムやリップルなどのアルトコイン
バージやトロン、ドージなどの草コイン

ビットコイン>アルトコイン>草コインの順に価格が安くて
ビットコイン<アルトコイン<草コインの順で価格変動率が高いのが特徴です。

草コインは一攫千金を狙えるし下手したら億万長者にもなれるかも。
逆を言えば失敗する可能性も高い得体のしれないコインです。

ビットコインは仮想通貨の基軸として有名ですが
今後どうなるかはわかりせん。

だからこそ、コインのそれぞれの特性、時価総額、今後の開発情報は重要なのです。

あれもこれも手を出すと把握できなくなるので
ちゃんと手元で管理、運用できる3~5銘柄に絞るのがおすすめ。

下がってるとき(押し目)に買うことと
上がったときは多くを期待せず潔く売ってしまうのが吉となります。(急激に上がるコインほど暴落幅もでかい)

儲かってきたらまずは原資を抜く、
さらに儲かってきたら利益を抜く、

いつでもどっぷり投資に遣ってしまわぬよう自分自身でボーダーを決めることが大切です。

おわりに

年も明けたので、確定申告を含め原資と利益の一部を利確しました。

今後もマイルールに乗っ取って
小さく堅実にトレードしていく予定です。

今から仮想通貨を始める方は上記のことに注意し、資産運用していきましょう。