人間関係でツライときは一度距離を置くことでみえてくる!メンターとデスメンターの特徴


人間関係ってめんどくさいですよね

人付き合いって難儀ですよね

好かれたいって無意識に思ってるし
嫌いな人に嫌われてもやっぱりへこみます。

どんなに仲のよい友達でも
どんなに利益をもらえる上司でも
くさっても育っても消えない親族でも

やっぱり距離って大切だと思います。

メンターとデスメンター

具体的にいうと人間には2種類います。

メンターとデスメンター
あなたはこれからの人生どっち側の人間と多くかかわっていくかが勝負。
自分の人間性・価値観・将来性が大きく左右されることでしょう。

メンター(優れた指導者)

・あなたが喜んでいるときに一緒に喜んでくれる
・あなたが落ち込んでいるときにアドバイスをくれる
・あなたがわからないことに直面したときにやり方・答えを教えてくれる
・あなたが悩んでいるときに見守ってくれる
・あなたが立ち直ったときは出迎えてくれる

メンターとは何気ないシーンであなたの成長をサポートする人間です。

友達でもいますよね。
この人といると楽しい!とか

上司でもいますよね。
この上司は分からない時質問しやすい!とか

上下関係を全くなしにしてもあなたを高めてくれるのはそんなメンター要素を含む人間です。

デスメンター(悪い指導者)

・楽しい気持ちだったのに落ち込ませる
・落ち込んでるときに追い打ちをかける
・わからないことに直面したときにバカにする
・悩んでるときに無視する
・立ち直ったときに脅迫する

デスメンターとはメンターの逆で
あなたの成長を阻害しようとする人間です。

せっかく喜んでたのに悲しい気持ちにさせられたり
成功したのに、揚げ足を取られたり
挑戦しようとしてるのに、不安を煽ったり

あなたの人生の一歩に足かせをつけ
進歩をとめようとする人は必ずいます。

たとえ友人でも
たとえ同じ部署の同僚でも
たとえ家族でも

もし、いまこの人と関わるのがツライ!
こわい、悲しいと感じるときは思い切って距離を置くことをおすすめします。

コンパニオンプランツって知ってる??


家庭菜園でよく知られてる方法で【コンパニオンプランツ】っていう栽培方法があります。

コンパニオンプランツとは?

コンパニオンプランツとは、農学や園芸学において、近くに植えることでお互いに良い影響を与える植物のことです。
「共存作物」「共栄作物」とも呼ばれています。

たとえば、虫が付きやすい食用植物と、害虫を寄せ付けないハーブを一緒に植えることで作物を順調に育てることができます。
こうやってできた作物は農薬や肥料を必要としないため、新鮮で栄養価が高いのが特徴です。

トマトとバジルを一緒に植えるのは有名ですね。

このように人間関係にもコンパニオンプランツは存在します。

お互いの長所を引出しあえる関係、
互いに成長し合える関係は成長スピードにも大きくかかわってくるのです。

ツライ!と思ってた人間関係が学びに変わるとき

一生懸命やってるのに叱られた
教えてほしいのにいっこうに答えを教えてくれない

こいつはデスメンター(悪い指導者)だ!
と思って少し距離を置いた人がいました。

冷静になってラインを読み返したり
この人とのやり取りを思い出してみると

自分自身が効率の悪いことをしていたり、
相手は答えではなくやり方を導かせようとしてのことだったことに気が付きました。

くやしい悔しい!そんな気持ちになってさらにがむしゃらになる自分もいるのです。

一見、気の合わない人や落ち込ませるような言葉をいう人間があなたの影のメンターになっていることはよくあります。
逆になんでも一緒にいるだけで楽しいのに進捗のない人間関係はメンターとはいえないのかもしれません。

人間関係に悩んだり、
ツライと感じたときは一度距離を置いて考えてみましょう。

この人の想いはどこにあるんだろうか
自分の気持ち、方向性にこの指摘はどう影響するのだろうか。

友達でも
上司でも
嫌いな子でも
苦手な人でも
家族でも

自分と相手の成長を図るための距離って大切だと思います。

おわりに

めんどうだ
つらい
かなしい

そう感じる人間関係にわざわざエネルギーを使って向き合う必要はありません。
まずは距離を置くこと。冷静になって考えてみることが大切です。

あなたにとってのコンパニオンプランツは誰ですか?
メンターデスメンターの特性を知ってお互いに高めあえる人間関係を築きましょう。