ぶりっこが得する3つの理由!好かれる人間になる方法

アラサ―になったわたしが痛いこというようですが、
女に生まれたからには

ぶりっこで生きるべきだと断言します。

むしろその方が生きやすい・・・・。
たくさんの荒波や困難をするするすり抜ける得した人間になるでしょう。

今日はぶりっこが得する3つの理由を紹介します。

素直に感謝して素直に謝れる

・ちょっとしたことにも大袈裟なありがとうが言える
・すなおに謝ることができる

大人になっていくにつれて誰かに助けてもらっても
恥ずかしさや申し訳なさがたってなかなかありがとうが言えなくなっていきます。

取引先の人から手土産のお菓子をもらったときに
「わざわざすみません」と定型文のように謝る人って多くないですか?

「ありがとうございます!嬉しいです~~♪美味しそう~」
年甲斐もなく素直に感謝したらきっと取引先の人は持ってきてよかったと思うでしょう。

逆に自分がミスをしたときはどうでしょう。
大人になるにつれてなぜか謝るべき場面で謝れない人を多く目にしてきました。

プライドや意地がないわけじゃないけど、
ぶりっこはそれよりも相手の心に取り入ろうとする性質なのが特徴です。
とりあえず今は謝ったほうがラク!と瞬時に判断し、次の策を考え切り替えることができます。

おだて上手

褒めの言葉さしすせそ

さ・・・さすがですね
し・・・知らなかった
す・・・すごい!
せ・・・センスいい!
そ・・・そうなんですね・尊敬します

別にぶりっこじゃなくてもイケるけど、ぶりっこの子は特に普通の人にくらべて褒め言葉の「さしすせそ」の出現率が高いのが特徴です。

おだて上手は世渡り上手!!

褒められて悪い気する人なんていません。

もっと言えば
わからないことを教えてもらいやすい環境が勝手に整ってくるし
困る前に助けてもらえるチャンスに恵まれたラッキーガールになります。

頭が悪そう!だからモテる!

ぶりっこって頭悪そうですよね。
ぶりっこを相手にしてる人の心理はこうです。

・まるめこめそう
・味方にできそう
・騙せそう
・隙ばっかり

本当に可愛い人じゃない限り、
可愛いって思う人はほとんどいないけど

見栄っ張りな大人社会
誰もがみんな人より優位に立ちたいし、知らず知らずにマウンティングしています。

こいつは僕/わたしより下だな、と思える人を
近くに携えて安心したいという心理は少なからずだれもがみなもっています。

べつにそれでいいんですよ。
バカだと思われようが、頭が悪いと思われようが。

おだてて助けてもらい、自分をへりくだって感謝する

まるいふりして四角な性格
味方のようでじつは敵
簡単には騙されないし、
隙があるようで実はしっかりとしたガードがある

能力を盗むだけ盗んだら、次のステップにさっさと転身したらいいのです。
作り上げられたぶりっこほどしたたかで頭の良い人はいません。

ぶりっこでも好かれる人間になる方法~わたしはかつてぶりっこが大嫌いだった

女の敵は女。

実は上記に記載したぶりっこが得する3つの理由にあてはまるのが、わたしの後輩です。

ほんとぶりっこむかつく~!
何この子超なれなれしい!!
別に可愛くないのに可愛いふりしちゃって・・・!!

わたしはかつてぶりっこのこの子が嫌いでした。

しかし今となってはどうでしょう。

素直に感謝できるこの子にはなんでもしてあげたくなるし、
頼られると悪い気がしません。

最近は本当に可愛くみえてきました。

その理由はなぜか・・・

ギャップがないんです。

驚くほどいつもぶりっこ
男にも女にも誰にでもぶりっこ
喜んでも怒っても泣いてもぶりっこ

ぶりっこを徹底しています。

自分に甘くて他人に厳しい人は嫌われます
男に媚びて女に攻撃する女って実は多い、
表では褒めて裏で陰口をたたく人ほど信用できない人はいません。

ギャップは誤解をうみ、好き嫌いを生みます。

自分にも甘いけど他人にも甘い
男にも女にも可愛く甘える
表でも裏でも誰かの良い話で話題がつきない!

誰にでもぶりっこな人は
ただ素直でただ不器用で、でも全然ぬかりがない、

実はとても頭の良い世渡り上手な人間です。

おわりに

わざわざぶりっこしなくても

素直に謝って
素直に喜べばいいし

人に厳しくしたければ自分にも厳しくあればいい

おだてるのが嫌/苦手なら
その分人を蔑んだり、見下した発言を控えてしまえばいいだけのこと

心がけ一つで得する人生が手に入る!

ぶりっこには、実は旨味ポイントがたくさん隠れています。