「あなたは恵まれてる」って諭す人が嫌いです【良い相談相手とは】

以前、職場で時短勤務をしてるときずっと年上の先輩上司が言いました。
「いいわね。わたしの時代なんてそんな制度なかったわ。あなたは恵まれているのよ」

夫が食器を洗ってくれるのをみた実母はあきれた顔でいいました。
「信じられない!わたしの時は男の人を台所に立たせるのなんてご法度だったわ。あなたは恵まれてるわね」

現在夫の手取り25万わたしの手取り16万
「この収入は貧乏なんかじゃありません。恵まれてる方です。」
きっと地方に住んでる方やシングルで育児しながら働いている方に比べるとそう思われてしまうのも事実です。

もちろん感謝してるし、
気持ちはとってもわかるんですが、
人の人生を切り取って、「あなたは十分恵まれてる」と諭す人が苦手です。

現状に満足しないとダメなんでしょうか?

小さい子供がいるのに働きにいかないといけないジレンマは、どの世代のお母さんも実感してることです。

フルタイムしかない制度でもがくママもいるでしょう。

時短勤務にすると給料減ること知っていますか?
勤務時間は減るけど業務責任は減りません。
嫌味を言われる覚悟で毎朝出勤する気持ちがわかりますか?

夫と同じ環境で働いてるのに、相対評価は絶対イコールにはなりません。

妊娠中、出産ライフスタイルがガラっと変わったわたしに対し夫は週末の飲み会や趣味のバスケを思い切り堪能していました。

同じフルタイムで9時間拘束。育児してる女が残業も昇進もできない中で男は上手にステップアップしていきます。
家事や育児どこをとってもわたしのほうが上手なのに誰もそれを評価することはありません。

手取り25万と手取り16万が恵まれてるのは理解できます。

しかしそれは
わたしが手取り13万でカツカツな中、意地でも会社を辞めなかったことと、
鬱になった夫が二度会社を辞めても、結果今をちゃんと生きてるからです。

わたしは恵まれています。

でも最初から幸せだったわけではありません。
恵まれる人生であろうと自分に鞭をうちただひたすら努力したからです。

誰かに諭されることまでもなく自覚してるし、
かといって今それに満足しているわけではありません。

傍からみれば十分だといわれる生活の中で、わたしは今後も豊かな人生を追及していくつもりです。

「あなたは恵まれてる」と諭す人
「それに比べて自分は・・・」と重ねてため息をつく人は

そんなに不幸なのでしょうか?
何かを変えようと努力したのでしょうか?
誰か身近に相談できる人はいないのでしょうか?

時短勤務のある会社だからわたしは恵まれてる
皿を洗ってくれる人と結婚できたわたしは恵まれてる
手取り16万でも安定した収入が入ってくるわたしは恵まれてる

納得いかないことがあっても、自分は恵まれてると自分に言い聞かせないといけないのでしょうか?

幸せや豊かさはどんな立場であっても
だれもが追い求め続けてもいい当然の権利です。

現状に満足して足取りが止まればそこから何も生まれません。

「ならこういうのはどうかな??」と言える人になりたい【良い相談相手とは】

時短勤務で働いてた時代
嫌味ばっかり言われてたわたしは、どんなにえらくなってもわたしはこんな人間にならないと誓いました。

今では時短勤務の部下を携えて毎日楽しく仕事をしています。

・洗濯物は脱げばいつの間にか綺麗になってクローゼットに戻ってる
・子供の夜泣きは背中を向けたらいつか止む

家事や育児を魔法か何かと勘違いしている夫に少しずつ協力要請を出すのは至難の業でした。

今ではうんちおむつも取り換えることができるイクメン夫、まだ早いけど老後の旅行を妄想で話すとワクワクします。

手取り13万でも貯金できるようになりました。
家計簿のつけ方や節約術、お金に対する考え方をブログに紹介するようになってからは思わぬ副収入も入ってくるようになりました。

ビットコインや株、国債、学資保険
わたしはおかげでさらなる資産運用に興味を持つようにもなったのです。

現状の課題をクリアしていくごとに人は次なる目標を見つけていきます。
たとえ失敗したり、落ち込んだり、どうしていいかわからなくなったとき、

わたしは「あなたは恵まれてるのよ」と諭されたくありません。

わたしは
「ならこうしてみるのはどうかな?」と一緒になって夢を語れる人間になりたいです。

もしかしたら、
仕事を好きになるかもしれない
夫にますます惚れるかもしれない
お金がもっともっと増える仕組みを確立するかもしれない

相談する相手
かける言葉一つで人生は大きく変わるのです。

おわりに

ちょっと厳しくて過激な記事でごめんなさい。

現状に満足するべからず
自分を無理やり幸せだと思い込むべからず
あの人に比べて不幸だと落ち込むべからず

大丈夫。
きっとあなたも幸せになれますよ。

セコ貯金は、そんなあなたの背中にエールを送ります。