稼いだお金を貯金するか運用するか迷っています。

32歳
フルタイムで働く正社員

残業する日もあれば休日出勤もたびたび

ホワイトときどきグレーな会社で働く一般人です。

10年弱働いていればそれなりに給料もあがるし、なんとなく生活基盤ができてくる頃ですよね。

お金がほとんどなかった20代とはうって変って
最近はお金が貯まる仕組みづくりができてきたように感じます。

稼いだお金は貯金する?運用する?

ある程度まとまった金額が手元にあると

じゃあこれらをどうしようと考えるわけです。

お金はあればあるだけいいし、
誰もが愛してやみません。

ずっと身に寄り添って貯金していくか、
それとももっと働きかけるために資産運用資金に回すか、

とても迷うところでもありますね。

貯金のメリット・デメリット
資産運用のメリット・デメリットを考えてみました。

稼いだお金を貯金するメリット・デメリット

貯金のメリット

・目に見えて成果がわかる
・モチベーションがあがる
・安心感がある

通帳印字はあなたの努力です。
ここまで働いてきた功績
節約の成果

貯金額はステイタス。数字を見るとワクワクするし、何より手元にあるお金は安心感が湧きます。

貯金のデメリット

・増えない

金利ほぼ0パーセント

増やすには働くことが必須だし、あなたが動いて稼ぐしかありません。

稼いだお金を資産運用に回すメリット・デメリット

資産運用のメリット

・お金が増える
・長期的に安心
・運用知識が広がる

学資保険は銀行金利よりはるかに良い利率です。
個人年金保険は、現役のときに貯蓄したお金が老後に利息をつけて戻ってきます。

株式や外為で運用すると莫大な資産を得ることも可能でしょう。

お金に働かせる仕組みは自らの知恵となり知識となります。

資産運用のデメリット

・お金が減る可能性もある

万が一保険会社がつぶれたら
老後を過ごすことなくぽっくり死んだら

株や投資で失敗したら

たらればをあげればどのような資産運用にもリスクがあります。

300万までは貯金を!300万以上からは資産運用を!

まずは死にもの狂いで働く!稼ぐ!貯める!

実は100万貯まれば貯金のコツはすべてマスター!じゃんじゃん貯まるようになります。

わたしはマイルールを作ってて300万以上現金が貯まればどんどん資産運用の幅を広げるようにしています。

現金300万は一般家庭の年収の中央値です。

まずは一年間なにもせずにいても生活できるお金を確保。

それ以降、300万以上貯まったら知識や経験を得るために自分に投資します。

保険を比べてみたり
新しいマネタイズに挑戦したり
誰かの意見をきくためにセミナーに参加したり

すると自然とお金は効率よく増えていくんですよね。

まずは安全をとって貯金
一年間の安定を確保したら思い切って挑戦

貯めるだけだとお金は増えません
一生働き続けるだけです

むやみやたら投資に手を出すと失敗します
リサーチと知識はあればあるだけいいのです。

リスクに備えて確実なお金の増やし方を模索しよう。

美味しいところどりなお金の特性を見つけよう。

わたしの貯金額は今、会社の給料だけではない場所で増え続けています。

おわりに

お金が大好き!

貯めるのも
運用するのも楽しい!

だからこそ一点に絞りたくない!

貯金と資産運用を並行してあなたのお金を増やしてみましょう。