結婚できない人の特徴②自称サバサバした性格の人

上から目線で失礼します。

前回の記事で
結婚できない人の特徴①トイレットペーパーの切り方が汚い人
に引き続き、第二弾は

自称サバサバした性格の人は結婚できないと断言します。

ここでのキーワードはあくまで【自称】であること

自称のゆがみ

●自称とは【意味】

《名・ス自》自分で、自分はだれだれ(何々)だと言うこと。自分で称すること。 「―天才」

誰かにそういわれたわけでもなく、
自分で自分のことを表現するときに使います。

自称イクメン
自称天才
自称サバサバした性格

自分でいうのと、人が感じることは全く違います。

自称イクメンのわたしの夫はわたしからみれば気が利かない分類の男です。
たとえばおむつ替えでおしっこは替えれるけど、うんちは替えれないみたいな。
自分の気が向いたときに自分ができる範囲のことを育児してるだけで到底イクメンではありません。

自称と現実は歪んでいることがほとんどです。

自称ガサツ
自称ズボラ
自称性格ブスなど

あえて自分を下げる人は、むしろそうならないよう注意を払い、何かあった場合の保険をかけている几帳面打算的タイプ。
逆に自称の後に好評価をひっつける人ほど、実はほとんどあてになりません。

自称サバサバした性格の人はただの口が悪い人

・批判的
・否定的
・人の感情に踏み込みすぎ
・傷つけてることに気が付かない

「わたし、サバサバした性格だからぁ~」

という一言で、すべてを丸くなると勘違いしています。

以前までわたしの「サバサバ」の印象は
・我が道を行く
・人の評価を気にしない
・自分の好きなことをして生きるまっすぐな人間

というイメージが強くありました。
自分を貫く女性にあこがれてそれを目指す人も多いのではないのでしょうか

それがいつしか
「サバサバなわたしを見て!」
みたいな自称サバサバ人間にイメージが浸食され始めてきています。

ここ最近のわたしの「サバサバ」のイメージは
・ズケズケ物を言う
・口が悪い
・性格が悪い

そんなイメージが重くひきずっていくようになりました。

ほんとにサバついた女性は自分でサバサバしてるなんて言わない。
自称サバサバ人間は、自分の性格の悪さに気が付かず人をむやみやたらに傷つける勘違い人間です。

自称サバサバよりも、自称性格ブスがいい理由

自分で自分の評価をあげようとしなくてもいい

自称サバサバよりも、自称性格ブスを名乗っているといろんな気づきがありました。

・自分で性格悪いことに気づいているからそれを隠す
・性格ブスだからこそいい人であろうと努力する
・下げてるから上がるしかない

自分の欠点を知ってる人は、
それを補うためにどうあるべきか考えることができます。

わたしはこういう人間だから
わたしは●●だから
と断言することで思考が止まってはいけません。

自分自身の欠点に気づくことでいろんな対策、方法、解決策が思い浮かぶようになりました。

するとどうでしょう?
自分で性格が悪いと思うごとに、周りはわたしのことを穏やかで丸い人間だと評価するようになっていったのです。

自称は他称に影響を及ぼします。

こういう人間だと、言い張りたいときこそ自分の苦手、弱点、欠点に目を向けてみることをおすすめします。

おわりに

けちょんけちょんにバカにされて
みんなの前でネタにされて

なんとなく嫌な感じだな~って思ったあとに
「ごめんね。わたしサバサバした性格だからw」

なんて言われたとき、ちょっと違うな。と感じた最近の出来事。

40過ぎても独身なのは、これが原因か!と
自称性格ブスのわたしは心のうちでひっそりと鼻で笑うのです。

自称●●に気をつけろ!

自称だからこそ周りはあなたのそれを評価します。