メルカリで買うべきではない商品5選~あなたは闇を見極められるか!

不要なものは捨てる前に必ずメルカリ!

メルカリで売れないものは地元のリサイクルショップに!

1円でもゴミをお金にしたい、それがわたしです。

メルカリ愛用者のわたしですが、
物は売っても絶対買わない!と決めている商品があります。

今日はメルカリで絶対買うな!
デパート勤務、趣味は市場価値調査(略:市価調)のわたしがメルカリの闇を暴きます。

メルカリで買うべきではない商品5選

偽ブランド

「○○風ネックレス」
「〇〇ロゴバッグ」

本来なら出品自体禁止なはずなのにかいくぐって商品一覧に並んでいることがあります。

売る人も悪いけど買う人も悪い!
偽物を偽物とわかって買うのは違法です。

メルカリで人生を棒に振ってはいけません。

中古コスメ

・ファンデーション
・リップ(口紅)
・チーク
・アイシャドウ

スーパーブランド品であっても、残量が結構あっても買うべきではありません。

理由は・・・顔ダニ!!

人間(哺乳類)には必ず生息している顔ダニですが、中古コスメはこれを赤の他人から共有することに!
クレンジングやスキンケアを入念にしてるからといってこれでは衛生面が良くありません。

直接肌に触れるコスメを中古で買うのはやめましょう。

新品コスメ

え?!新品もダメなの?

新品未使用未開封であってもコスメには罠があります。
スキンケア用品、メイクアップ用品には消費期限というものがあるのです。

〇未開封のものなら3年以内

〇開封したが未使用品の使用期限は以下の通りです。
・リキッドファンデーション⇒半年以内
・パウダーファンデーション⇒半年~1年以内
・フェイスパウダー⇒2年以内
・保湿クリーム⇒半年以内
・クレンジング・洗顔料⇒半年以内
・パウダーアイシャドウ⇒1年半~2年以内
・マスカラ⇒3カ月以内
・コンシーラー⇒8か月以内
・口紅⇒1年半~2年
・チーク⇒2年以内

空気に触れることでコスメは酸化し、肌に悪影響を及ぼす原因になります。
例え未開封であっても変質する可能性を防ぐためEXP(消費期限)はしっかり確認しましょう。

〇いつ購入したか確認する
〇箱に記載されているEXPの期日を写真に載せてもらう

どうしても欲しいコスメをメルカリで見つけたときは、必ず上記2つのことをチェックするのがおすすめです。

 

ブランド財布

数年前までわたしは百貨店のバッグコーナーで働いていました。
(今は配属部署が変わりました)

ある程度
ブランドの財布、バッグの定価価格は把握しています。

メルカリを見てビックリ!!

〇定価を上回る金額で出品
〇もしくは本来の定価で中古を出品
(説明文にはべらぼうな桁の架空定価を記載)

定価偽造がめちゃくちゃあるんですよね。

「定価35,000円しました!出品やめようかまだちょっと悩んでます!」

と書いてあったヴィヴィアンのお財布が¥29,000で出品されていました。

デパートで売ってるそのヴィヴィアン
本来の定価は25,000です。

欲しい!一目ぼれ!
なんとなくメルカリを見ていて心揺さぶられる商品に出会ったら、
急がず、まずは定価をネットで調査しましょう。

本当の価値を知ることで賢いお買い物ができるのです。

 

衣料品

メルカリで一番トラブルが多いのが衣料品なんだとか

「目立つ汚れ、傷はありません」

出品する際に、チェックする項目があるのですが、
「新品・未使用」以外の項目は人によって判断がまちまちなんです。

ある人からみれば気になる毛玉も、
またある人にとってみればまったく気づかない部分だったり・・。

ズボンやスカートはごまかしがきくけど
シャツやワンピース、ジャケット類など服のメインどころになりうる衣料品は
メルカリで買うより実際に見て着て判断できるお店で購入するのが得策です。

わたしはメルカリで売るだけ派

どんなに心惹かれるものがあっても

売上金は即現金化して通帳に振り込ませます。

欲しい!と衝動的な気持ちはあっという間に収まるし、
良いものを苦労して新品で手に入れたときほど、大切にしようとする愛着が沸いてくるのです。

 

本当に欲しいものは、目標を高くもって手に入れろ!
安物買いするよりもそこで発揮されるパワーは絶大です。

終わりに

久々にメルカリで出品して、なんとなく商品リストをみてビックリ!
メルカリの闇は深い!

思わぬ落とし穴に落ちて損するよりも
賢い買い物方法を身に着けよう!

1円でも無駄にしない
1円でも得したいわたしのセコ貯金です。