読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコ貯金

セコく賢く美しく貯金するためのブログ

夫の給料が少なくてムカつく!不満だらけの私が改心したたった一つの真実

増やすお金 増やすお金-セコ貯金
スポンサーリンク


夫の給料が少ない!ムカつく!

もっと広い部屋に住みたいし、欲しいものは我慢したくない
子どもには良い教育を受けさせてあげたいし、ぶっちゃけわたしは仕事を辞めて主婦になりたい

それもこれも叶わないのはやっぱり夫が低収入だからだわ!
こんなんじゃ貯金できないのも当然よ!

昔のわたしは息を巻いて夫の収入の少なさに不平不満をもらしていました。

夫の一言にハッとした!貯金ができないたった一つの真実

我が家が貧乏なのは、全部夫の給料が少ないからだと思っていました。
ですがそれは違ったのです。

”夫婦は助け合うものだ”
そう思っていたけど、わたしは助け合うどころか夫の頑張りにただ期待し、依存してるだけでした。

「僕は今の家で今のキミでも十分幸せなんだけどな」

ふと夫が言った言葉にハッと気が付きます。

というのも、
私は夫がそう言えたのが不思議なくらい大した嫁ではなかったからです。


わたしは仕事のあとの夕飯作りがめんどくさくて外食を提案することもありました。

子どもと寝落ちして、その後の洗濯を夫が1人でやってくれることもありました。

わたしの仕事、家事育児を夫が請け負うのは当然だ、と思っている節があったのです。

かくゆうわたしは夫のために何かしてあげたことはなかったのに。

夫が仕事を頑張ってることも
家事や育児に協力的なことも全て忘れて目先の給料だけに夫の価値を決めつけていました。

ぐうたら妻のぐうたら部分を受け入れそのままでいいよと笑う夫の言葉にわたしは猛省したのです。

原因をいつも探して言い訳してた!

・夫の給料が少ないから
・野菜の値段が高いから
・仕事で疲れているから
・子どもが食べ盛りだから

要因は様々だけど貯金できない一番の原因は、わたしの「言い訳を利用して仕方ないと諦めること」にあったのです。

足るを知る、
足りないものを嘆くよりも夫のように今の状況に満足することから人生の豊かさはスタートします。

貯金と妻スペックは比例する

おいしいもやし料理を考案すれば、食卓は賑やかになるでしょう

「これやってくれたの?ありがとう」
夫の小さな協力に感謝できれば、夫の協力度はより増すでしょう

「今日は早く帰ってこれたからみんなで少し散歩しようか!」
給料の低さや残業で稼ぐことを気にしなくなれば、家族や夫と過ごす時間がより貴重でかけがえのないことに気が付くはずです。

妻スペックと貯金の額は比例する

家事力、育児力も必要なれど、
なにより妻として母としての穏やかさ温かさが人生を豊かにします。

夫もわたしも相変わらずの低収入ですが、現在まで毎年貯金最高額を更新することができています。

おわりに

夫の給料が少ない!と嘆く前に

いま目の前にある大切なことを見失っていないか見渡してみましょう。

疲れた疲れたと口癖にしてませんか?
もっと働け!もっと稼げ!とパートナーに依存していませんか?
逆にもっと頑張ろう、もっと稼ごうと自分は無理していませんか?

今の現状に満足することから、課題や目標は見えてきます。

妻として、母としての幸せスペックをあげましょう!
あなたの穏やかさと優しさがお金持ちへのステップです。