読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコ貯金

セコく賢く美しく貯金するためのブログ

約5年ぶりに通帳を記帳しようとしたら大変なことに!休眠口座の落とし穴

抑えるお金 抑えるお金-セコ貯金
スポンサーリンク


結婚したてのわたしは、そのときの銀行の対応が気に食わずある程度のお金を引きだしたままこの口座を放置していました。

www.sekochokin.link

貧乏時代に冷たい対応をされたわたしは今も銀行員をアテにしていません。

5年ぶりに通帳を記帳しようとしたら大変なことに

磁器がイカれて使えない

ATMに何度入れても戻ってくる。
おかしいな。

もはやカードはとうの昔になくしてしまっています。

どっちも再発行してもらえばいっか。
ちょっぴり混んでる窓口を並ぶことにしました。

旧姓名義のため最初に口座をつくった銀行支店に行かなくてはいけない

そうなの?
新規で口座開設より再発行ってちょっとめんどくさいのね。
二重発行や架空口座などの不正利用を防止するためだそうです。

お嫁にいってそこそこ地元から離れてしまったわたしはそれを聞いただけで気が遠くなりそうでした。


銀行のパソコン上でみると残金は800円近くあった

通帳も使えないし、カードの再発行も無理。
ここに入金される予定のお金も支払い口座でもないのだからもうこの銀行口座は諦めよう。

永久お蔵入りを覚悟した瞬間、パソコン画面をみていた銀行員がいいました。

「口座には864円入ったままですね。早めに対処したほうがいいかもしれません」

え?どういうこと??

休眠口座とは??

休眠口座とは・・
長い間、引き出しや預かり入れなどの取引がされていない口座のことです。

全国の銀行には眠ったままになっている口座額は年間800億あります。
それは本人が忘れてしまった口座であったり、家族に知られることなく本人が亡くなってしまったりと理由は様々。

休眠口座にはいってるお金はゆうちょの場合5年、通常銀行は10年放置されると銀行のものになってしまいます。

基本的には預金者の権利は失われることがないので、通帳や印鑑をもっていけば払い戻しされますがそのまま銀行に吸収されることがほとんど。

大抵の人は(わたしを含め)ATMでお金をおろします。
そして引き出しできない硬貨は口座に残したままにしてる事例がたくさん!!

知らず知らずにあなたのお金が銀行にもっていかれているかもしれませんよ。

解約は別の支店でもできた

・身分証
・銀行印

解約手続き、新規開設手続き、送金手続き、印鑑照合。
書いた書類は多い気がしたけど、再発行より解約は別の支店でも可能でした。

身分証で本人確認がとれれば旧口座に入っていたお金はそのまま新規口座に送金→通帳印字してもらえます。

無事手元に自分の残したお金が戻り、眠ってた口座が息を吹き返した気がしました。(実際は解約なので死んだってことなんだけど)

今後管理する予定のない口座は野放しにして忘れ去れるよりも、解約がおすすめ。
わたしは、新しく手に入れた口座は国債運用することでお金を管理していこうと思っています。

www.sekochokin.link

あなたにも眠った口座はありませんか??

幼少期に親がくれた口座
学生時代に使っていた口座
結婚して苗字が変わってから運用しなくなった口座


大人になるとお金の運用方法の幅が広がります。
世界が広がれば出会う銀行口座の種類の多さに驚くこともあったでしょう。

資産運用を考え始めたときまず初めに見るべきなのは、自分の足元から。
居眠り口座を拾って小さな益を見落とさないための大切なセコ貯金です。