読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコ貯金

セコく賢く美しく貯金するためのブログ

子どもの写真ばかり撮るより母子手帳に想いを込めよ!

抑えるお金 抑えるお金-育児
スポンサーリンク


子どもの写真は現像すべきでない!
むしろiPhoneならパソコンとセットでデータ管理のみで眺めるのが一番いいとおもっています。

アルバムなんて要らない!
もはやデータがあればいつでも作れるのだから焦る必要ない!と心から叫びたいです。

子ども写真ばかり撮るのはNG!
アルバムの落とし穴

親が取らなくても、保育園に通っていれば園から創作物と合わせて写真をもらうことがよくあります。
最近では終業式と同時に立派なアルバムを受け取ることも。

子どもの成長のアルバムを年単位・月単位で自作して保管する必要なんてない!

たくさんの思い出のアルバムは分厚い冊子になってなかなか読み返すこともなく押入れの奥に追いやられるようになるのです。

親が撮るもののほとんどが子どもの顔写真ばかり。
何気ない時の表情が可愛いから、ほとんど親が一緒に写ることがありません

こんなに小さかった
こんなに可愛かった

自分の小さい頃の顔をみて思うことはあるけれど、
大人になってから胸を打つのはそのときの家族の顔や家族の言葉です。

アルバムに添えられたメッセージや親の表情には自分の写真以上に懐かしい愛情を感じます。

正規の写真屋さんで現像って高いからどうせやるならアルバムアプリ「nohana」で手のひらサイズのかさばらないアルバムを作っちゃうのがコスパが良くおすすめ。写真ばかりをたくさん撮るよりも私が推奨したいものがあります。


アルバム作成より母子手帳に想いを込めよ

母子手帳には生まれる前のママの体調から産後の情報、その後の成長記録を小学校高学年にわたるまで記入できます。

こんなに薄い冊子の中には、ママと子を繋ぐ貴重な情報が盛りだくさんにあるのです。

子どもの成長の記録が細かい

はじめての寝返り、はじめての指差しがいつだったか
乳児健診や3ヵ月検診の記録、身長や体重の伸び具合

しっかり書き込むことで、これが今後の貴重なデータになります。
母子手帳には余白がふんだんにあるからこそ、そこでプチ育児日記が完成します。

生まれたときの感動をつづるのもあり、夜泣きが辛いと吐きだすのもあり。後で見返したときに母も自分の成長に気付き、子もまた親の愛を知るきっかけになります。

予防接種を忘れない

子どもが生まれたばかりのときは張り切ってスケジュールを組んだものですが結局それも最初のうちです。

・子どもの体調で計画がよく崩れる
・ある程度の年齢で予防接種のスパンが空く
・そして忘れる

うっかりしてると無料の接種時期を過ぎていたり、第二、第三期の追加接種をすっぽり抜かしてしまったりします。

母子手帳を日ごろから眺める、書き込む習慣があるとそんな心配はありません。
予防接種を忘れないことで子どもを健康に安全に育むことができるのです。

大人になって子が見返したときに参考になる

わたしが結婚し子どもをお腹に宿したときに
母が私に残してくれた母子手帳がとても役に立ちました。

・妊娠時、ちゃんと育っているか不安
・出産時、夜泣きや人見知りが不安
・育児期間、子どもの発育が不安

ネットや育児書の情報よりも頼りになるのは身近な人の体験談です。
母がぎっしり母子手帳に想いをつづってくれていたおかげでわたしはこの期間を心強くいられることができました。

自分が親になって初めて知る感情の真髄がここにある。
母子手帳に記された母の想いとわたしが子に想う気持ちがシンクロし温かい気持ちになります。

アルバム作成もいいけれど、母子手帳に想いを込めてみて!
大切なことに気づかされ、いずれその想いが子にも伝わる日が訪れます。