読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコ貯金

セコく賢く美しく貯金するためのブログ

子供にジュースを与えないメリット〜子育て方針を明確にしよう!

抑えるお金 抑えるお金-育児
スポンサーリンク


わたしはジュースを子供に買いません。
わたし自身もある程度大人になってからコーラを飲みましたが今も大して好きになれないのです。

子供にジュースを与えない育児を徹底することでどういうことが起きると思いますか?

子どもにジュースを与えないメリット

自動販売機が風景

喉が渇いてたとしても、公園やショッピングモールや道端に設置されてる自動販売機は風景でしかありません。
ジュースを買わない生活をしてるとそもそも自動販売機に用はないからです。

家から持ってきた水を持ち歩けば良い。
余計なお金は必要ないし、ねだられて困る場面は全くなくなります。

虫歯にならない

昔、炭酸を飲んだら骨や歯が溶ける!みたいな噂がありました。
その医学的にどうなのか信ぴょう性は分かりませんが、

コーラ大好きな甥っ子(5歳)の歯は虫歯+銀歯だらけです。

子に炭酸あげる=親は子の歯に無関心
=虫歯になる=歯が脆くなる
溶けるという風説が触れ回るという気がしてなりません。

もはや子どもの虫歯は親の意識次第で防ぐことができるんじゃないかとさえ思ってしまいます。

子どもがすすんで水やお茶を飲みたがる

水とお茶しか与えていなかった長女は今でもコップ一杯のジュースが飲めません。
甘すぎて喉が余計に乾くジュースのトリックに気が付いているのです。

映画に行っても外食をしても
飲み物は水が良い!と自分から言い出します。

つまり、外でお金がかからない!

ただ与えないだけで家計は救われる!

小さい時からただ与えないだけ!

美味しさを知るから欲しがられるだけで最初から知らなければどうってことありません。

自動販売機でムダなお金を使わないでいいし、虫歯治療で毎回通院する機会も少ない!
お金のかかる家族でのお出かけや外食を、より健全に過ごせるのです。

結局、ジジババは敵だよね

ある日、ジジがやらかしました。
次女にあげてるその飲み物

「ファンタグレープ」

甘いし、炭酸だし、自動販売機で買ってるし!

親の気持ちとは裏腹に孫に甘いジジババはジュースの甘さよりも危険です。
事前にジジババに教育方針は話しておくべきでした。

ということで、お水大好きな長女は置いて、しばらく自動販売機の前で駄々っ子する次女との奮闘は続くのです。

ジュースを与えない育児は子どもの健康と家計に優しい!
ジジババを味方につけるとよりスムーズに確立できます。