読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セコ貯金

セコく賢く美しく貯金するためのブログ

赤ちゃんにおしりふきは使わない育児生活しています。

抑えるお金 抑えるお金-育児
スポンサーリンク


赤ちゃんにかかるお金
ミルクにおむつにおしりふき

赤ちゃんにかかるお金って結構侮れません。

我が家の息子(生後6か月)はうんちの横漏れ防止のため早くからテープタイプからパンツタイプに仕様変更しました。テープタイプや小さいサイズになれば一袋当たりの枚数もありますが大きくなるにつれてコスパは悪くなります。

うちで使ってるおむつメーカーはおむつ業界でも大御所の「パンパース」
Mサイズ76枚入り×2袋=2500円/月

ミルクはほほえみ一缶=2000円/月
(ほぼ完母の混合育児のため割と安い)

消耗品で必需品であるこれらだけでも結構な出費です。
家計を安くするに不要な消耗品を抑えることにしました。

おしりふきは特に必要ない

乳児の場合、うんちをしたらそのままお風呂場や洗面所でじゃぶじゃぶお尻を洗ってしまったほうが手早く綺麗になり清潔だし、赤ちゃんもすっきりします。

自宅にいる間はおしりふきを利用せずそのままお尻を洗ってしまうのがおすすめ。
毎回うんちのたび2~3枚のシートを消耗してるのが馬鹿らしくなるくらい慣れてしまえば楽ちんで手間にもなりません。

赤ちゃんのうんちサイクルは頻回

便秘でなければ赤ちゃんは毎日うんちをするのが一般的
ぷりっとちょっとだけのときもあれば、結構な量をすることもあります。

赤ちゃんはおむつ替えの頻度も高いけど、最近ではおしっこ一回分くらいでは特に不快にならないのが最新のおむつ事情。
ですがうんちは吸水性ともかく毎回替えてあげないとおしりかぶれの原因になってしまいます。

頻回にあるうんちに毎回おしりふきシートを利用するのって?
赤ちゃんのうんちサイクルに常に合わせて使うにはコスパが悪すぎるのです。

赤ちゃんのうんちは臭くない

離乳食前ならほぼ無臭、乳児特有の酸っぱい臭いはありますが大人のう●ちほど強烈ではありません。

別に臭いとも思わないから躊躇なく素手で洗えます。
むしり母になってから大抵の「汚い」への耐久性が上がりました。

慣れれば幼児のうんちもどうってことない

そう、耐久性があがると同時に幼児のくっさいうんちだって平気になります。
トイトレを進めるにあたり必ず通る道

慣れてしまえば、自宅で育児をする場合はおしりふき不要の生活ができてしまいます。

外出するときはさすがに洗ってあげられないので手持ちでおしりふきを持っていきますが、2カ月に1パックも消耗しないレベルでほぼ不要です。むしろおしりふきをウェットシート代わりにしちゃうくらいお尻に活用していません。

ちゃんと利用していたとしたら
1パック200円~400円くらいのおしりふきですが月換算すると割高に!

おしりふきを使わずに洗っちゃうだけで家計にもお尻にもやさしい育児ができます。